東カレ編集部員が高級フレンチの料理キットを取り寄せて、実際に自宅で使ってみた

お店の味をご自宅で再現ができるという噂の『ドミニク・ブシェ トーキョー』の料理キット「レ・キット」をご紹介!

ドミニク・ブシェと言えば、現代フレンチ界を牽引する巨匠中の巨匠。銀座『ドミニク・ブシェ トーキョー』は、ひとりウン万円は当然の高級フレンチだ。

そんなグランメゾンのシェフが料理キット「レ・キット」の通販を始めたとの知らせが。自宅でスペシャリテが再現できるという。

お家であの美味しさが食べられるとはうれしい限りだが、販売サイトを見ると「ご自身の手で仕上げてプロの味」とある。どうやら、自分でひと手間加えねばならないらしい。

つまり、レンチンして終わりじゃなく、工程ありきでより本格的にレストランの味に近づけられるということ。そこで編集部員・都地が再現に挑戦!その出来映えやいかに?

都地で果たして、名店の味は再現できるか!?

<profile>

月刊誌東京カレンダー編集部員。

美味しいものをこよなく愛し、高級店からB級グルメまで食べ歩くのが趣味。

実家暮らしのため、料理は「ほとんどしません」

今回挑戦するキットは「キット・オマールブルー」

オマール海老の最高峰と呼ばれる「オマールブルー」のグリルを焼きリゾットと合わせた『ドミニクブシェ』のスペシャリテのひとつ。

レシピの説明書付きで、半身のオマールブルー、ソース、付け合わせの野菜、リゾットの4つが真空パックで同封。

「キット・オマールブルー」1名分¥5,000。

キットに同封されたレシピを見ると意外と工程が多く、少々不安げな様子。

久々にクローゼットから引っ張り出してきたエプロンを装着し、調理スタート!

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo