(コミック版)恋と友情のあいだで Vol.6

女の幸せは愛されること。左手の薬指に輝くダイヤがくれるのは達成感という名の快感(第5話・里奈)

――あの頃の二人を、君はまだ覚えてる...?
誰もが羨む生活、裕福な恋人。不満なんて何もない。
だけど、私にとって一条廉という男性はいったいなんだったのだろう――

運命の悪戯が、二人の男女の人生を交差させる。これは、“女サイド”を描いたストーリー。

―俺の子ども、産んでよ―なんて言葉は安っぽい口説き文句だと思ってた。
でも直哉は彼なりの真剣さで自分と向き合っている……
直哉と過ごす時間が増えるほど里奈はその思いが強まるのを感じていた。

【(コミック版)恋と友情のあいだで】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo