青山の寿司デートにおすすめ!春を感じるネタが満載の嬉しい新店だ!


女性から「お鮨が食べたい」とリクエストがあったなら、『青山 鮨 ふく江』の席をリザーブしたい。

端正な握りの美味しさと大将の細やかな気遣いや話術が、デートを成功に導いてくれるはずだ。

今なら春を感じる寿司ネタがいっぱい!さあ、寿司デートをしよう!

白木が香る美しいカウンター席

“楽しく過ごして欲しい”という大将の想いが
随所にちりばめられた青山の新店がココ!

宮益坂上の交差点からすぐの路地に佇む『青山 鮨 ふく江』。暖簾をくぐり店内に入ると白木のカウンターが出迎える。

高級感漂う店内の雰囲気に圧倒されそうになった所を「いらっしゃい」と優しい声で心をホッと和ませてくれるのが大将の佐藤宏延さん。

『鮨 そら』や銀座の『すし椿』など名店で修業を積んだ彼が大切にするのは「訪れた全ての人に楽しく過ごしていただく事」。その想いは、入店直後の出迎えからも感じることができるのだ。

コースはつまみからスタート

コースは「店主おまかせコース」(15,000円)、「青山 ふく江コース」(18,000円)、「特上コース」(22,000円)など幅広く用意。

この日は「青山 ふく江コース」(18,000円)の中からおすすめの品をご用意いただいた。

「北海道産ソイ」

コースは旬の野菜を使った先付けからスタート

コースはつまみからスタート。食事を軽やかに食べ進められるよう、「ゆり根酒蒸し」など旬の野菜を使用した先付けを供するのも大将の心遣い。

続いては、白身の刺身が登場。この日は北海道産の「ソイ」。

完璧な血抜きを施し、10日間熟成させて旨みを引き出したソイは、醤油、塩とすだち、塩昆布と3種の薬味で食べ比べを楽しんで。

薬味毎に変化するソイの旨みをじっくりと堪能して欲しい。

「あん肝」

濃厚な味わいのあん肝にお酒がどんどん進む

ぜひ味わって欲しい一品が「あん肝」。

ゆっくりと2週間以上かけて味を含ませたあん肝は、滑らかな食感と共に、濃厚な旨みが一気に口へ広がっていく。

あん肝をちびりちびりとつまみながら、日本酒一合は飲めてしまいそうなほど酒好きには堪らない一皿だ。

「子持ちヤリイカ」

お酒好きには嬉しい大将の心遣い

春を感じさせてくれる「子持ちヤリイカ」は、70℃でゆっくりと火を入れ柔らかく仕上がっている。握りの前に、つまみは7~8品ほどが供される。

つまみを味わっているところに「そろそろ握りますか?」と大将から声がかかる。そのタイミングで「もう少しお酒を飲みたい」と伝えると、つまみを数品用意してくれる。

こうして一人一人の要望に合わせて柔軟に対応してくれるのも嬉しい。

「春子鯛」

この時期の一貫目は春を感じる「春子鯛」

握り一貫目に供されるには「春子鯛」。

桜の葉で香り付けを施された春子鯛は、頬張るとほのかに桜の香りが鼻を抜けていき、一足早い春の訪れを感じさせてくれる。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo