• PR
  • 世界を回る”港区おじさん”が、日本に帰国してまで観たかったものとは?

    全世界を魅了する、極上のエンターテイメントがいよいよ日本でも開幕する。

    全世界累計観客動員数8,100万人、日本公演36周年、通算1万回以上。

    今なお世界中で愛され続けるミュージカルの金字塔『キャッツ』の“実写映画”が、2020年1月24日より公開スタートするのだ。


    東京カレンダーWEBドラマ「港区おじさん」を観たことがある方にはお馴染みの“港区おじさん”こと船田武彦さんも注目の映画らしく、海外に居住中にも関わらず、わざわざ日本語吹き替え版を観るためだけに一時帰国してきたのだという。


    「数年前に、ニューヨークでミュージカル『キャッツ』を観て、その独特な世界観や圧巻の歌とダンスにものすごく感動しちゃって。でも英語だったからあまり意味はわからなかったんだけど笑。
    それに、友達の大竹しのぶさんとか、ロバート秋山君とかも吹き替え版で出演してるからね。だから映画を観に帰ってきちゃった。」

    映画を観るためだけに帰国するとは、さすがありあまる財力と時間を持つおじさんだ。
    (『港区おじさん』とのコラボ動画公開中! 【前編はコチラ】 【後編はコチラ】


    おじさんの話はさておき、映画『キャッツ』について紹介しよう。

    監督は『レ・ミゼラブル』のトム・フーパー!映画『キャッツ』の魅力に迫る

    © 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.


    そんな港区おじさんも楽しみにしている映画『キャッツ』のメガホンを握ったのは、あの『レ・ミゼラブル』のトム・フーパー監督。映画界の巨匠スティーヴン・スピルバーグ、ミュージカル界の巨匠アンドリュー・ロイド=ウェバーらが製作総指揮に名を連ねた話題の作品だ。

    本作の見どころは、何といっても洗練されたダンスと歌。生歌にこだわったフーパー監督は、各キャスト陣が撮影現場で響かせた歌を収録したという。歌唱力を認められたキャストたちの演技にも期待が高まる仕上がりだ。バレエ、ヒップホップ、タップなどの多様なダンスも美しい歌・音楽に彩られ、これまで誰も見たこともない世界がスクリーンに映し出される。

    © 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.


    また、ハイブリッド・テクノロジーを用いて演者の顔が分かるようにしつつ、最終的に猫へとVFX化している。とても洗練されたテクノロジーで、これまでのビジュアルエフェクトの限界に挑戦している部分も注目だ。

    映画『キャッツ』を演じる豪華な出演者たち

    本作の豪華すぎる出演者も紹介しておこう。

    主人公ヴィクトリアを演じるフランチェスカ・ヘイワードをはじめ、名曲「メモリー」を歌い上げるジェニファー・ハドソン、ジェームズ・コーデン、テイラー・スウィフト、ジュディ・デンチ、ジェイソン・デルーロ、イドリス・エルバ、イアン・マッケラン、レベル・ウィルソンらをはじめとする映画、音楽、ダンスなど、多彩なジャンルから選び抜かれた珠玉のキャスト陣が個性豊かな猫たちを演じる。

    © 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.


    出演者の一人、10度のグラミー賞を受賞した経験を持つ世界的歌手テイラー・スフィフト(写真上:ボンバルリーナ役)は、映画『キャッツ』のための新曲「Beautiful Ghosts」を制作。重要なシーンで主人公のヴィクトリアが歌っているシーンは映画オリジナルの見どころだ。

    さらに、日本語吹き替え版のキャストも豪華な顔ぶれ。女優の大竹しのぶ、葵わかな、ミュージカル俳優で歌手でもある山崎育三郎、ハリウッド俳優森崎ウィン、お笑い芸人ロバート秋山竜次、さらには、昨年のNHK紅白歌合戦に初出場したOfficial髭男dismのボーカル藤原聡が映画初出演を果たしている。

    ※葵わかなさん演じるヴィクトリアが「Beautiful Ghosts」を歌うシーン

    字幕版と吹き替え版の両方を観るのも、本作ならではの楽しみ方だろう。ミュージカルとは異なる映画でしか味わえないたくさんの魅力が詰まっているのが、 映画『キャッツ』なのだ。

    映画『キャッツ』のストーリー。キーワードの“ジェリクルキャッツ”とは?

    舞台は1930年代のロンドン。

    満月が輝く夜。若く臆病な白猫ヴィクトリアが家族に捨てられて迷い込んだのはロンドンの片隅のゴミ捨て場。そこで個性豊かな”ジェリクルキャッツ”たちとの出会いから物語が始まる。

    © 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.


    “ジェリクルキャッツ”とは、『キャッツ』原作者のT.S.エリオットが、jewelry(宝石類)とmiracle(奇跡)2つの単語を合わせて作った言葉。「人間に飼いならされていない、自らの人生を謳歌する思想と無限の個性と行動力を持つ猫」のことを意味している。

    年に一度、一夜だけ開かれる特別な舞踏会に参加するため集まる様々なジェリクルキャッツたち。たった一匹の猫だけが、選ばれ、天上に上り、新しい人生を生きることを許される。

    © 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.


    その一匹を選ぶ長老猫オールドデュトロノミーの「見極めるのは魂よ」という言葉に導かれながら、ヴィクトリアは歌やダンスで自身を表現しようとする個性豊かな猫たちに出会う。

    © 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.


    「選ばれるのは私だ」と語る怪しげな猫や、ワイルドな猫、ぐうたらな猫、お金持ちでグルメな猫、勇敢な兄貴肌の猫…様々な猫たちとの出会いで、ヴィクトリアはどのように変わっていくのか?そして、最後に選ばれる猫は一体…?

    キャストによる圧倒的な歌やダンス、最先端技術が駆使された驚愕のVFXで彩られた極上のエンターテイメント。
    映画『キャッツ』でキャッツの世界をぜひ体感して欲しい。

    © 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.


    ≪作品詳細≫


    タイトル:CATS(キャッツ)
    公開日:2020年1月24日(金)より全国ロードショー
    監督:トム・フーパー
    脚本:リー・ホール/トム・フーパー
    原作・原案:T・S・エリオット/アンドリュー・ロイド=ウェバー
    配給:東宝東和
    公式HP:https://cats-movie.jp/

    おすすめ記事

    もどる
    すすむ

    東京カレンダーショッピング

    もどる
    すすむ

    ロングヒット記事

    もどる
    すすむ
    Appstore logo Googleplay logo