寿司をつまみながら気軽に飲みたい日にちょうどいい!大満足の人気店5選

売り切れ必至の「まぐろ骨付き中落ち」は予約がおすすめ

築地直送!本物の鮪の旨さに酔いしれる『鮪喜(つなき)』

恵比寿駅のすぐ近くに、まぐろ仲卸業者の藤㟢充彦氏が営む魚の旨い店『鮪喜』が2013年オープン。

自慢のまぐろは勿論、同店で揃える魚介は、藤㟢氏の目利きによる間違いのないモノだけ。しかも、リーズナブルに味わうことが出来るのも同店の魅力。

同店で必食メニューは、「まぐろ骨付き中落ち」。

元々、まぐろの中落ちは、築地の男たちがその場で食べるか、家に持って帰って食べていたもの。市場に出たとしても、魚種が限られたり、時間が経ち、鮮度と味が落ちていたりする。

しかし同店では、水揚げして築地に届いた新鮮なまぐろを、その日のうちに振る舞う。

食べ終えた鮪の骨を焼いてくれるサービスも嬉しい

他ではなかなか食べられない希少部位を新鮮な状態で食べることが出来るのも驚きだけれど、同店では、食べ方にこそサプライズがある。

なんと、骨付きのまま提供されたまぐろの中落ちを、蛤の貝殻を使って、ゲスト自身がこそげ落として食べるというもの。なんとも豪快な見た目と贅沢な食べ方!

大・中・小と大きさも選べるから、少人数でつまむもよし、多人数でわいわい楽しむもよし。お得に本物の味を食べられる。

にぎりは1貫100円~。カウンターの目の前で職人が旬のネタをにぎってくれる。

深夜でこのクオリティ、この価格で寿司が食べられるのはなかなか貴重ではないだろうか。

恵比寿で気軽に寿司をつまもう!

ディナーなのに破格!モダン寿司を12貫セットで堪能できる『あげまき』

恵比寿駅から徒歩6分の場所にある『あげまき』。

コンセプトは、食材の安全性と健康をテーマに、天然魚や、安全に蓄養された貝、また、天ぷらや麺、デザートもグルテンフリーにこだわっている。

店のジャンルはあくまでも居酒屋と謳っているが、我々の持っている居酒屋のイメージを変えてくれる。まず注目したいのは、一流料理店出身の料理長が握る、握り寿司。

8貫1900円(外税)がお得だが、握りネタは単品でも刺身でもオーダー可能。

目の前で職人技を眺めながら楽しめるカウンター席は、おひとりさまにも人気

追加して雲丹やイクラまで食べても3,000円前後というのだから驚きのコストパフォーマンスだ。大衆酒場のような庶民派の雰囲気を醸し出しながらも、料理や職人の腕は本物。

寿司を食べるなら、銀座の星付き店や築地の老舗もいいけれど、ちょこっとつまみたい、ひとりでサクッと旨い寿司が食べたいという時にも重宝する。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo