【大ヒット御礼】煮沸 第二章 Vol.1

無罪を狙う多重人格の凶悪犯と、彼を追う狂気の刑事。この中で一番狂っているのは、誰だ?


◆裁判所前


人は、真逆のものを好む。

心を裁く場所である裁判所の姿は、決して心を感じさせないように出来ているものだ。

直線に、心は宿らない。





入り口からスーツ姿の男たちが現れ、人だかりが一斉に動く。




.


「井口さん!ちょっといいですか?井口さん!」

無数のマイクが向けられる。

「橋上の精神鑑定結果は?もう意識は回復したんでしょ?」
「井口先生!」
「警察は何やってんですか!刑務所内での殺人も起こってるんですよ!」

護衛の警官が、カメラを掻き分ける。

「国民が求めてます!」


…人は、真逆のものを好む。
自分がまともであることの確認に最適なその事件は、自信を失ったこの国の人々に恰好の餌食となった。



一緒に車に乗った警官が、芝居を続けるマスコミ連中を見ながら言う。

「災難だなぁ、先生」

井口が額から流れる汗をぬぐう。

「研究室まで送りますよ」


◆警視庁刑事部



焦燥した精神鑑定医が映されたニュース番組を黒岩が消す。


「…橋上の意識が戻った。もう待てん。誰でいく?」

「わかりかねます、警視」


古びた壁時計の針の音が響き渡る。


「…鑑定は?」

「本人にはまだ。ただ…シロだろうと」


黒岩が椅子を蹴り上げる。


ーあと半年。

親の退任前に、未解決事件を残すわけにはいかない。
いや、この場合犯人は捕まっているので、解決というのとも違う。

ー納得だ。

大衆の納得する解は一つ、『死』だ。『死』が欲しい。



…しかしこの注目だ。火に油を注ぐやつでは困る。



ー”アレ”でいくしかないか。


黒岩がゆっくりと受話器をとる。


「橋上の件だ。”ウバセン”を呼べ」

【【大ヒット御礼】煮沸 第二章】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo