御三家ウォーズ Vol.7

朝6時、ママ友から恐ろしいLINEが…!美人妻が“卑怯者”呼ばわりされた理由

御三家。それは、首都圏中学受験界に燦然と輝く、究極の伝統エリート校を指す。

男子は開成・麻布・武蔵。女子は桜蔭・女子学院・雙葉。

挑戦者を待ち受けるのは「親の力が9割」とも言われるデス・ゲーム。

運命の2月1日、「真の勝者」は誰だー。

◆これまでのあらすじ

深田 彩は、夫の真一と息子の翔と3人、南麻布で暮らしている。

ある日、翔が、男子御三家の一角・麻布中学校に入りたいと言いだした。

叔母の祐希からは中学御三家受験は彩には無理だと言われてしまうが、彩は覚悟を決める

自分も一から翔とともに勉強すると誓い、並走すること1年弱。薫子から「麻布に合格する可能性はある」と言われたことで、友人だった瑠奈の態度が一変して―。


その通知を見たとき、彩はたっぷり3秒、PC画面を凝視した。

「選抜クラス、基準は…218点以上…」

翔の7月クラス分けテストは、220点。

「せ、選抜だーーーーーーーーー!!!」

彩は、ソファの上に飛び乗って叫んだ。

麻布受験を決めてからちょうど1年。来る日も来る日も、翔と二人で勉強をしてきた。

しかし覚悟していたとはいえ、その道のりは険しかった。どんなに勉強しても、4科目偏差値が54を超えることはなく、62の麻布には程遠かった。

しかし、ついに。

画面に表れた数字は58.1。

3つある選抜クラスの3番目に、食い込んだのだ。

「翔!翔!早く帰っておいで!選抜だよ、ついに麻布への扉が開いたかも!」

彩は、誰もいないリビングを無駄にダッシュで往復する。

はやく、翔に見せてやりたい。この数か月の地を這うような努力は、無駄ではなかったのだ。

…それが「地獄の1丁目」だとはまだ知らずに、彩は翔の帰りを待ちわびるのだった。

【御三家ウォーズ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo