偽装婚活 Vol.6

「まさか彼が既婚者だったなんて・・・」29歳女が男の秘密を知ってしまった、意外なきっかけ

東大出身の、理系男子・紺野優作28歳。

ハイスペック揃いの仲間内で“平均以上”を死守することを至上命題としてきた優作。

そのポジションを維持するため、今、次のステージ「結婚」へと立ち上がることを決意する―。

◆これまでのあらすじ

大手メーカーでロボット研究をする優作は、4年ぶりに東京へ戻ってきた

仲間たちが結婚を自分事として捉え始めたことに気づき、結婚できない男と評されることを恐れた優作は、婚活を始め、バーベキューで芽衣子と出会う。

めでたく交際を始めた2人だったが、優作が大学の同級生・環奈と再会したことで波乱を呼ぶことに―?


―明日、環奈と本当に会うべきなのだろうか?

金曜22時過ぎ、残業を終えて大手町から自宅のある根津に向かう千代田線に乗り込んだ。

週末前特有の気の抜けた雰囲気が満ちる車内で、サラリーマンもOLも皆一様にスマホを見つめ続けている。

独身であることは変わらないが“彼女もち”という箔が付いたことで、僕はこの見慣れた光景を目にしながら優越感に浸ってしまう。

仲間内では完全に平均以下だが世間的には悪くない年収かつ、結婚も視野に入れている28歳の男。それが僕。

結局男は稼ぎと女の2軸で評価されるのかもしれない。学生時代に慣れ親しんだxy座標が頭にチラつき、苦笑交じりに僕はどこにプロットされるのだろうかと考えてみたりする。

いずれにせよ、望むものは“一応”手に入った。あとは芽衣子と結婚を進めていけばパーフェクト。

そのはずなのに―。

非効率にも、僕の頭を侵食してくる環奈の存在。

―だいたい、会ってまで話したいことって何なんだ…?

芽衣子と付き合って数日というのに僕は芽衣子と環奈、2人のLINEのトークルームを行ったり来たりしている。

『じゃあ、土曜日の夜、代々木上原で』

環奈の最後のメッセージに、僕は既読をつけたまましばらく放置していた。

『了解』

仕方なしに返事を打つ。自分の了承が決定打となった気がして、モヤモヤした気持ちが湧きあがるのを感じながら、電車を降りた。

【偽装婚活】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo