結婚3年目の危機 Vol.8

「反抗期とかありませんでした」親との仲を自慢する男との結婚に潜む、意外な落とし穴

−この結婚、本当に正解だった?−

かつては見つめ合うことに夢中であった恋人同士が結婚し、夫婦になる。

非日常であったはずのときめきは日常となり、生活の中でみるみる色褪せていってしまう…。

当連載では、結婚3年目の危機にぶち当たった夫婦が男女交互に登場する。

危機を無事に乗り越える夫婦と、終わりを迎えてしまう夫婦。その違いは一体、どこにあるのか−?

これまで、超・年の差婚をした広川家の前妻が寝ていたベッドで眠る妻の言い分20歳下の美女を持つ美容クリニック経営の夫の言い分などを聞いた。

前回は、狙い通り良家の子息と結婚したが、姑の過干渉に悩む、土屋美咲の結婚3年目の後悔を紹介した。今回は美咲の夫・和宏の言い分。


危機事例④ 度を過ぎた、実家の過干渉–夫の言い分−


【土屋家・結婚3年目の事情】

夫:和宏
年齢:30歳
職業:大手総合商社

妻:美咲
年齢:28歳
職業:専業主婦(一児の母)


「昔から、家族仲の良いのが自慢なんです」

丸の内仲通りの『GARB TOKYO』で、土屋和宏は嬉しそうに語った。

仕事帰りだという彼はドラフトビールを美味しそうに飲み、ご機嫌の様子である。

「人に話すと驚かれるのですが…2歳年上の姉ともLINEしていますし、二人で飲みに行ったり買い物に行ったりもよくします。

父親は仕事が忙しくあまり絡みがありませんが、母親とはめちゃくちゃ仲良しですね。

僕の体をいつも気遣ってくれて…2日に一度はLINEがきます。社会人になって一人暮らしをしてからも、週末ごとに家に来て掃除したり料理したりしてくれていました。感謝しかありません」

一人暮らしの家に、毎週末母親が来る…?しかも20代半ばの男性の家に。

人によってはかなり鬱陶しいと思うのだが、和宏の語り口に嫌悪の色はない。むしろ心からの感謝を込めた口ぶりで、にこやかに語った。

「子どもができてからは、3日に一度は家に来て妻のサポートまでしてくれているんです」

【結婚3年目の危機】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo