僕のカルマ Vol.4

妻を置き去りにし、夫はホテルで一夜を…。順調だったはずの夫婦に訪れた悲劇とは

世の中は、弱肉強食の世界だ。

特に、この東京で生きる男たちにとっては。

皆、クールな顔をしながら、心に渦巻くどす黒い感情を押さえつけるのに必死だ。

弁護士としてのキャリアを着実に重ねる氷室徹(34歳)は、パートナー目前。年収は2,000万を超える。圧倒的な勝ち組と言えるだろう。

しかし、順風満帆に見えた彼の人生は、ある同級生との再会を機に狂い始めていく。

◆これまでのあらすじ

堀越が明かした、氷室との衝撃の過去。堀越はかつて、氷室からいじめられていたと言った。思い出そうにも、氷室には心当たりがない。

そんな中、家庭でもトラブルが起ころうとしていた…


「氷室君。彼は、君から暴行を受けていたとのことだよ」

五反田から帰ってきたばかりの上司・大川の個室で、氷室は呆然と立ち尽くしていた。

「…今、何と…?」

聞き間違いだろうか。そう思い、氷室は咄嗟に聞き返してしまった。

15分ほど前、大川が堀越の事務所から戻ってきたときにはすでに、その渋い表情から案件が頓挫したことは悟っていた。

しかし、去ってしまったクライアントの背中を追いかけても仕方がない。別の案件に取り掛かることにしよう、と思っていた矢先、その大川から呼び出されたのだ。

十中八九、堀越との案件の話だろうとは思ったが、もしかすると大川には打開策があるのかもしれない。そんな淡い期待を持って向かった大川の個室で、衝撃的なことを言われたのだ。

大川はもう一度繰り返す。

「堀越さんは、君に暴行を受けていたとのことだよ」

「…は?」

ようやく口から漏れた言葉が、それだった。上司である大川に、無礼な言葉使い・態度であったことは、その瞬間は気に留める余裕がなかった。

それほど氷室にとって、まさしく晴天の霹靂だったのだ。

−堀越に? 暴行? 俺が?

この3つの短いフレーズが、ものすごいスピードで自分の頭の中をぐるぐる駆け回っている。

氷室は、いつもは頼りにしている自分の頭が、この状況を打破するのに有益なものを何も生み出さないことに、苛立っていた。

それだけ“堀越への暴行”とは、氷室には縁のない言葉だったのだ。大川は続ける。

「今回ばかりは“後ろから刺されるわけにはいかない”らしい」

ちくり、と胸のあたりが痛むような感覚を覚えた。しかしそれをすぐにかき消したのは、妻からの着信だった。

【僕のカルマ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo