ミーハー女 Vol.6

お互い好きなのに、喧嘩が絶えないカップル。2人が決めた解決策とは

日々、新しいショップやレストランがオープンし、アップデートを繰り返す街・東京。

東京で、そのすべてを楽しみつくそうとする女を、時として人は「ミーハー女」と呼ぶ。

ミーハー女で何が悪い?

そう開き直れる女こそ、東京という街を楽しめるのだ。

◆これまでのあらすじ

広告代理店でプランナーとして働く匠。以前仕事で一緒になったミハルに恋人選びの基準を語っていた匠に、今週は迫ってみよう。


外の空気はひんやりと冷たいというのに、地下鉄のドアが開くと、もわっとした生暖かい空気が匠を覆った。

濡れた傘が人にぶつからないよう気を付けながら、匠は空いているスペースを求めて移動する。

-せっかくの3週間ぶりのデートっていうのに、気持ちが全く上がらないのは雨のせいか、それとも...。

地下鉄の車内では、大人しそうなカップルが肩を並べて楽しそうに会話をしている。この人たちは、きっと喧嘩なんてしないんだろうな、と勝手に思っていると、突然聞こえてきた車掌のアナウンスでふと我に返り、急いでジャケットのポケットから携帯を取り出してメッセージを打った。

-次、銀座。-



3週間前の金曜日、匠は梨沙と2年記念を迎えるはずだった。

その夜、匠は急遽アサインされた競合プレゼンの作業に追われていた。二つ返事で案件を引き受けた先週の自分を一瞬恨んだが、仲のいい営業だから断ることもできなかったな、と匠は半ば諦め気味にパソコンに向かっていた。

60ページを超えるスライドを眺めながら、ふと時計に目をやると22時を超えている。

-ごめん、まだ作業終わらなくて...また別の日にお祝いしよう-

-そっか。了解。-

画面の向こう側で頰を膨らませながら不機嫌そうにしている梨沙の姿が、匠の脳裏をよぎる。気を取り直して、また作業に取り掛かろうとすると、梨沙からLINEが届いた。

-本当に私のこと好き?-

また始まった。不安になるとすぐ、梨沙はこの一文を送ってくる。先月の匠の誕生日も、同期と合同で誕生日パーティーをするから会えなかっただけなのに、全く同じ内容が送られて来た。

-実は他に遊んでる女の子がいるとか?-

匠が携帯の通知画面を眺めていると、それに気がついたかのように、梨沙から次々とLINEが送られてくる。

深いため息をつきながら、匠は携帯を手に取り、返事をした。

-そういうのウザいって、この前言ったじゃん。-

【ミーハー女】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo