東京発⇒地方行き Vol.6

「夫のいない間に、若い男性と…」駐妻が明かす、コミュニティー内に蔓延る禁断の恋愛事情

東京は、飽きない街である。

東京都の人口は、約1,400万。47都道府県ある中、1割以上の日本人は東京に住んでいるという計算だ。

その分、人との出会いが多く、刺激的な仕事も多い。だがもしそんなとき、“東京以外に住む”という選択肢を提示されたら…?

これはそうした経験をした(している)人の、リアルな体験談である。

東京以外での生活は、アリだった?ナシだった?

前回は、世田谷区で生まれ育った静岡県浜松市に移住した有紗さんを紹介した。

「東京発⇒地方行き」今回は、番外編。日本を越えて、シンガポールに引っ越した茜さんに話を聞いた。

シンガポールの駐妻


名前:茜さん(仮名)
年齢:34歳
住居:シンガポール


「シンガポールは、最高ですよ。人も良いし子育て環境も整っているし、本当に全てがキラキラしているんです!!」

シンガポールで”可愛い“と人気のカフェ『Merci Marchel』にて嬉しそうに話してくれる茜さん。

元々横浜で生まれ育ち、大学からシンガポールへ赴任が決まる2年前までの計14年間、ずっと東京に住んでいた。

「シンガポールに来たのは、夫の転勤が理由です。いわゆる“駐妻”ってやつです」

夫の慶太さんは総合商社勤務。最初は戸惑うことも多かった海外暮らし。しかし茜さんのInstagramや話を聞いている限り、非常に満喫している様子が伺える。

「東京では体験できないような、豪華絢爛な暮らしに煌びやかな交友関係。それが、ここにはあるんです」

そう興奮気味に話してくれる茜さん。一見全てが完璧で、最高の“駐妻ライフ”を送っているように見えた。

しかし話を聞くにつれ、“キラキラしている”だけでは片付けられない根深い闇が見えてきたのだ。

【東京発⇒地方行き】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo