聖女の仮面 Vol.10

「見かけは大人しそうな子が、影で凄いことしてたって」男が漏らした一言で、友人の本性を知った女

女は、仮面を被った生き物だ。

優しい微笑みの裏に、怒りや悲しみ、ときに秘密を隠し、本当の自分を偽りながら暮らしていく。

たとえば聖女のような女にだって、裏があるかもしれない。

それを美しい仮面で覆い隠しながら、生きているのだ。


◆これまでのあらすじ

恵子が高校生の頃、聖陽女学院で、ある一人の女生徒が、理由もわからず突然転校していった。

あれから10年。27歳となった恵子たちの前に、美しく姿を変えて現れた絹香。

恵子は、絹香を学校から追い出した犯人を探るうちに、絹香の不思議な行動に巻き込まれていく。

とうとう仮面を剥いだ絹香は、恵子に頼みごとをし、他の友人の元へ向かった…。


「うちの父を紹介して欲しい?絹香ったら、突然なによ。問題でも起きちゃった?」

テーブルの向こうで、さくらは私の依頼を聞くや否や、目を輝かせた。

先ほどまでこちらが何を言い出すのか不安そうにしていたというのに、本当にわかりやすい。さくらのゴシップ好きは昔からだ。

萌の......


【聖女の仮面】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo