東京男子図鑑 Vol.6

年収200万ダウン。慶應卒のエリート商社マンが、金と肩書きを捨てて飛び込んだ新天地

−女なんて、どうせ金を持ってる男が好きなんだろ−

そんな風に思うようになったのは、いつからだっただろう。

慶應義塾大学入学とともに東京に住み始めた翔太は、晴れて慶應ボーイとなるも庶民とセレブの壁に撃沈

さらには付き合い始めた1歳年上の女子大生・花純が、お金持ちのおじさんに群がるいわゆるビッチだったことが判明。その悔しさをバネにした翔太は、大手総合商社の内定を勝ち取る

若手の間は苦汁を飲んできた翔太だったが、28歳、社会人6年目でついにモテ期到来。シンガポール駐在も経験し、男としての自信を深めていく。

ところが、初めて結婚を意識した女性・みな実にはあっさりプロポーズを断られ、さらには同期・コジマに出世レースで敗北する。


「なんであいつが俺より先に…」32歳、出世レースに負けた男の鬱憤


コジマが課長代理になった。俺よりも先に。

朝礼で挨拶するコジマに拍手を送ったあの日のことは、今でも夢に出てきます。胃が縮むような苦しさに耐え「おめでとう」と口を動かした、あの悔しさは忘れられない。

あいつの何が僕より優っているというのか。僕のどこがあいつに負けている?

ムカついてムカついて、やり場のない嫉妬の感情をどう解消すればいいかわからず、プライドが木っ端微塵に砕け散っていくのを、ただ呆然と眺めるしかできませんでした。

サラリーマンとは、残酷なものですね。

よーい、どんで入社したはずなのに、知らぬ間にどんどん格差は広がっていく。そして30歳を超えると、その差をこうして目に見える形で如実に突きつけられる。

頭では理解していたことでも、実際に経験しないとわからない痛みってありますよね。

男が出世レースに負ける痛み。それは、女にフラれることなんかとは正直比べものにならない、人生最大とも言えるほどのダメージでした。

そう、コジマの一件があったおかげ(?)か、みな実が望み通りのハイスペ婚をしていたという事実については、思ったほど動揺しなかったんです。

シンガポールから日本に帰国したことを伝え、久しぶりに会わないかと誘った僕に、「夫のいない平日ならいいけど。あと行く店によるかな」と言ってきたみな実。

聞けば、代々続く貿易会社の御曹司に嫁いだとか。

おそらく彼女は嫁ぎ先の資金力を元にして、自らの理想とするライフスタイルを実現するべくひたすら邁進しているのでしょう。

IT社長など一代で財を築いた系の男を選ばなかったあたりも実に彼女らしく、むしろ「あっぱれ」と声をかけてあげたいくらいです。

【東京男子図鑑】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo