僕のカルマ Vol.1

僕のカルマ:自分は勝ち組だと思い上がっていた、年収2,000万超えの男。彼の人生が狂い始めた日

目の前に現れた、かつての同級生


やはり運は俺に向いている。氷室は、改めてそう思った。

本日の会食の相手、神原会長とたまたま地元が同じだっただけでもラッキーなのに、同じ高校の出身でもあることがわかったのだ。

神原会長と氷室が通っていた高校では、文化祭や体育祭が学生主体で行われていたが、それらは他校とは比べ物にならないほどの本気度だった。生徒がゼロから作り上げるという学校の方針のもと、勉強そっちのけで準備するのだ。

だから、たとえ同じ期間に学校に通っていなかったとしても、「体育祭」というワードだけですぐに盛り上がり、「面倒だった」「仲間割れした」など、感情を共有することが出来る。

共通項の探り合いなどなく、人間関係の構築の第一歩が進められる。商談の際にはそれだけでもかなりメリットが大きい。

「そうかぁ。もう記憶もおぼろげだけれど、その頃から運動会の色分けはその4色だった気がするなあ」

「へえ! そうなんですか。では応援団伝統の応援歌などは…」

「そういえば、副社長も同じ高校出身なんだよ。今度は彼も呼ぼうか」

「ぜひお願いします」

テーブルに額をつける勢いで頭を下げながら、氷室の口角は自然と緩んでいた。

−パートナーもほぼ確実、お偉いさんとのコネクションも上々。あとは大型案件の一つでも。

その時である。

「おや、あそこにいるのは堀越くんかな」

神原会長はレストランの入り口に視線を向けた…と同時に、あっ、と声を上げる。

「そういえば彼、上場準備のために弁護士を探しているって言ってたな。氷室くん、話だけでも聞いてやってくれないか」

−上場準備か…、悪くない。

「おうい、堀越くん」

男を呼び寄せた神原会長は、氷室に彼を紹介してくれた。

「こちら、堀越裕一くん。ベンチャー企業をやっていてね、僕は彼のお父さんと知り合いなんだ。堀越君、こちらは氷室徹くん。うちの会社を手伝ってもらっている弁護士だ。

少し話してみたらいい。私はちょっとお手洗いに…」

目の前に現れた男を見るなり、氷室は固まった。

−ほ、堀越裕一って。あの…!?

切れ長の目、特徴的な丸い鼻、そして意志の強そうな太い眉。少し猫背気味の姿勢。

中学時代。ひむろ、ほりこしの並びで、五十音順の座席でいつも自分の後ろの席にいた、あいつだ。

「堀越、だよな…?なんていう偶然なんだ。いやあ、久しぶりだなあ!」

氷室が驚いた顔で聞くと、堀越は無言で頭を下げた。

「元気してたか?よく一緒に遊ん…」

そこまで言いかけて、氷室は固まってしまった。

頭を上げた堀越の顔を見ると、目は真っ赤に充血し、今にも溢れ出しそうなほど涙が溜まっているではないか。

涙をこらえているのか、視線を天井にやったり、目をぎゅっとつぶったりしている。

大人の男が泣いている姿を見るなんていつ以来だろう。突然の出来事に理解が追いつかない。

「おい、大丈夫か?」

動揺した氷室がハンカチを差し出すと、堀越はハンカチを受け取ることもなく、目を逸らしたままこう答えた。

「過去のこと、色々思い出しちゃってさ。…氷室君は覚えてないだろうけどね」

−過去のこと…?俺は覚えていない…?何のことだ?

堀越との思い出は、他の同級生と同じく、平穏でありふれたものと記憶していたため、頭が混乱する。

それもそのはず。

なぜなら、この時氷室は、堀越の涙の意味を知る由もなかったのだから。そして、これから自分の人生が狂っていくということも。


▶︎Next:10月30日 水曜更新予定
氷室の前に現れた、かつての同級生・堀越。彼は何かを企んでいる…?

東レデート詳細はこちら >

【僕のカルマ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo