わたし、9時に出社します。 Vol.2

わたし、9時に出社します。:「太ったんじゃない?」飲み会中、無自覚ハラスメント連発の40代男上司

2019年。

「令和」という新しい時代を迎えたが、これまでの慣習や価値観がアップデートされる訳ではない。

このお話は、令和を迎えた今年に保険会社に総合職として入社した、桜田楓の『社会人観察日記』。

1996年生まれ、生まれたときからインターネットが当たり前にある「Z世代」の彼女が経験する、様々な価値観を持った世代との出会いとは…?

◆これまでのあらすじ

30代の先輩社員に「30分前出社は当たり前」と諭された楓。そして今週はさらに衝撃的な場面に遭遇して…?


うだるように暑い毎日が続く、7月。

楓が、丸の内に本社を構える保険会社に入社して3カ月が経過した。

まだまだ不慣れなこともある中、楓は日々の業務にあたっていた。隣の席から、OJT担当者である瀧本が話しかけてくる。

「桜田さん、資料確認したけど、、ホッチキスの止める向きも知らないの?」

OJT担当である、瀧本がため息交じりに言った。

「え…?」

まさか「ホッチキスの止め方」を指摘されると思っていなかったので、戸惑いを隠せずに聞き返す。

「ホッチキスよ。流石に止める位置を間違えるなんてことはないから安心したけど、止める向きよ。平行に止めるの。こういうところ気にしなきゃだめよ?社会人なんだから。」

待ってましたとばかりに、瀧本は楓に指導する。

「はぁ…。あの、印刷をかける際にホッチキスも自動で止めるようにしたので…。コピー機の設定かと思います。」

この返答に、瀧本は面食らった表情をしながらも答えた。

「とっ、とにかく、止める向きも資料作成の際のビジネスマナーとして覚えておきなさいっ」

そう言い残し、席を立ってそそくさとどこかに行ってしまった。

1人取り残された楓は、その場で「ホッチキス 止め方」と検索をかけてみる。

すると横書きだと左上で、縦書きだと右上だという、「止める位置」のマナーは出てくるものの、「止める向き」に関するマナーに言及しているものは見当たらなかったのである。

―ページがめくりにくくなってしまうから、止める位置の決まりは分かるけれど、行と平行になんて何の合理性があるわけ?

楓は冷静に考えたが、意味のないローカルルールにしか思えなかった。

【わたし、9時に出社します。】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo