1/3のイノセンス ~友達の恋人~ Vol.12

「キスされても、何も感じない…」優しい彼に抱かれながら、違う男を想う女の後悔

広告代理店で働く橋本杏(24歳)は、同期の沢口敦史(24歳)に淡い恋心を抱いている。

しかし敦史は杏の学生時代からの親友・優香と付き合ってしまう

失意のどん底で、健一の告白を受け入れてしまう杏。

ある日優香が、4人で蓼科の別荘に出かけようと提案をする。


「何してるの?」

突如聞こえた低い声は、私を反射的に動かした。

私はまるで何かに打たれたように飛び上がり、肩にかけられた敦史のシャツをさっと取り払う。そして逃げるように敦史のそばから離れた。

「ごめん、もう大丈夫」

シャツを手渡したとき、一瞬見えた敦史の顔は歪......


【1/3のイノセンス ~友達の恋人~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo