女たちの選択 Vol.9

「お金なら、私が稼ぐから…」金より愛を選び、自ら世帯主となることを決めた女の後悔

−“女”の幸せとは、結婚し、子どもを産み育てることである。

そんな固定概念は、とうの昔に薄れ始めた。

女たちは社会進出によって力をつけ、経済的にも精神的にも、男に頼らなくてもいい人生を送れるようになったのだ。

しかし人生の選択肢が増えるのは、果たして幸せなことだろうか。

選択に結果には常に自己責任が伴い、実際は、その重みで歪む女は少なくない。

この連載では様々な女たちの、その選択の“結果”をご紹介する。前回はモラハラ夫に虐げられる久美子を紹介した。

今回は自らが世帯主となることを決めた咲子(32歳)のお話。


「私…お金に目をくらませて、うんと年上のおじさんと結婚しちゃうような女のこと、心底バカにしていたんですよ」

週末、目黒川沿いの『JAHO COFFEE at PLAIN PEOPLE』

窓の外では、晩夏の日差しを浴びた木の葉が揺れている。

のんびりと穏やかな時間が流れる、そんな平和な空間で、随分と毒のあるコメントを口にしたのは、自身でアパレルブランドを展開しているという咲子・32歳である。

「今の時代、女だって努力さえすれば十分に稼げます。お金が欲しければ、自分で生み出せばいいの。それを楽して暮らしたいがために、大して愛してもいない男と一緒になるなんて…私にはまったく理解不能でした」

30歳のときに新卒から勤めた大手子供服メーカーを退職。OLをターゲットにした手頃な価格帯のアパレルブランドを立ち上げ、たった2年で事業を軌道に乗せた咲子であるから、その言葉にも説得力がある。

しかし彼女はそこまで言うと、急に表情を曇らせた。

「でも…今となれば身にしみてわかります。結婚においてお金がいかに大事か。贅沢ができるとか楽できるとか、そういう話じゃない。なんていうか…男女の本質に関わる問題なんですよ」

【女たちの選択】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo