美人秘書も陥落。どんな美女もイエスと答える、最高峰ステーキハウスの全貌

遊ぶのが好きな人ほど仕事も好調だったりする。

毎夜アッパークラスの人々が集う空間に繰り出し、美女たちと艶やかな時を過ごす。

人脈を広げることに長けていて、そのアクティブさで公私ともどもさらに充実する。

昨日は、最旬のレストランで年下美女とデートを楽しんだ。

そんな東京の夜を謳歌する男の一週間。二日目の今日、三連休の中日は何をする――?

『ウルフギャング・ステーキハウス』における世界初出店の高級ブランドは、外苑前駅直結の建物に立地。車寄せを備えた広いアプローチをもち、赤く光る巨大なWの文字に入る前からテンションが上がる!


出会ったばかりの美女とは「まずは肉」が鉄則

お食事会では相手の出没スポットや好きな食べものを探りながら、自分はまず肉好きを強調する。

すると、「私も〜!」と盛り上がり、肉デートの約束が成立する率が高い。

先々週に出会った美人秘書とも、普段から赤身肉を欲するという話で意気投合。

食べ慣れている彼女はたいていの有名ステーキハウスに行っていて、でも、今年6月にオープンした〝ウルフギャング〞の最高峰ブランドは未体験だと言う。

「俺もまだなんだよね」と言ったら、もう乗りかかった船。


当日、青山の店に着くと、彼女はお食事会の時よりもエレガントな姿で登場。

天井が高くゴージャスな内装の店内にいる様子は、何かの撮影みたいだ。

店内を見渡せる特等席のカップルシートに座ると、優越感すら抱いてしまう。


肉やシーフードも、世界で唯一のスペシャル版があるらしい。

「それ、絶対食べたい!」と言われたら、頼むしかない。味は確かに絶品だった。

トイレに立った隙に会計を済ます。最高峰たる額だったけど、この素敵な夜への投資と思えば、高くない。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo