東京カレンダーが太鼓判! 未来に残したい名店たち Vol.62

リストランテ ホンダ

RistoranteHONDA

王道イタリアンに目映く光る現代的なエスプリ

赤座海老とホワイトアスパラガスのオランデーズソース。フランボワーズビネガーを泡立てて、フルーティーな味わいを表現

繊細な進化を重ねる、10年目を迎えた名店

開店から10年。王道のイタリア料理を基本としながらも、現代的なエスプリをちりばめた美麗な一皿で、美食家たちを魅了する『リストランテ・ホンダ』。「根本的にはなにも変えていない」と語るシェフ・本多哲也氏だが、その味は着実に進化を遂げている。

たとえば赤座海老とホワイトアスパラガスを主役にした前菜。これまでは海老の風味に対して、レモンジュだけで酸味を加えていたのだが、今年からは、さらにフランボワーズビネガーを加えることで、フルーティーさを表現している。極めて繊細な進化ではあるが、この前進する姿勢こそが本多氏の料理の支柱となるのだ。

「イタリア料理には、すでに完成された組み合わせがあります。もちろんそうした基本を押さえることも大切ですが、スタッフ全員でアイデアを出し合っていると、新しい組み合わせを発見することも。そんな偶然の産物を柔軟に取り入れながら、チーム一丸で前へ進んでいきたい」。自身の名前を冠としながらも、あくまでチームとしての成長を願う本多氏。美麗な一皿には、スタッフそれぞれの輝かしい想いが満ちているのだ。

ドンブ産 ウズラのボリート。コースは¥8,640、¥10,800、¥12,960の3種類

鮎のアニョロッティ山椒の香り。鮎の苦みを生かした日本的な一品


東カレアプリダウンロードはこちら >

【東京カレンダーが太鼓判! 未来に残したい名店たち】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ