ラーメンすらラグジュアリー!ホテルの絶品背徳グルメ3選

ゲストのニーズに応えることを信条とするホテルは、日々〝これは食べたくなるだろう〞という想像を働かせている。

そこでここでは、ユニークかつ確実に欲する、悪魔的魅力の3品をご紹介!


「じゃない」方のパーコー麺もくせになる!
『星ヶ岡』@ザ・キャピトルホテル 東急の「パーコー麺」

『ORIGAMI』の「パーコー麺」といえば、このホテルで半世紀近く愛されている伝統メニュー。

あまりに有名な名物だが、実はもうひとつの「パーコー麺」¥2,500(税サ別)が中国料理『星ヶ岡』にある。

スープは鶏ガラベースの醤油味。

カレー粉やオイスターソースにひと晩つけ込んで揚げた豚ロースがのる麺は、前者と全くの別物だが、人をやみつきにさせる点は共通している。


ソースとマヨが誘う!アマンでお好み焼きのギャップが面白い!
『ザ・ラウンジ by アマン』@アマン東京の「お好み焼き」

意外な組み合わせにはワケがある。

そもそもアマンとはローカルと通ずることに重点を置くホテルであり、『アマン東京』も海外のゲストに日本の珍しい料理を提供したいと考えていた。

そこで「お好み焼き」¥2,400を初夏から始めたところ、国内外のゲストに大好評。

タコや桜海老が入った山芋主体の生地がふんわり美味しいのに加え、自家製ソースが秀逸だ。


ストウブ鍋にのって熱々で登場する「お好み焼き」は、青海苔と鰹節を好きなだけかけていただく。

実は煮込んだ牛筋を混ぜているので、コク深くリッチな味わいとなっている。

そんな「お好み焼き」を圧倒的空間美のなかで食べれば、禁断の味と優雅さの融合にはまること間違いなし!


「お好み焼き」に合うカクテルとして推奨するのは「柚子マティーニ」¥2,200(ともに税サ別)。

ソースがコク深いので、酸味と甘みのバランスを保つのにぴったりだ。

高い天井に玄武岩の柱が連なる圧巻の空間美とB級グルメとのギャップを楽しみたい。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo