32歳のシンデレラ Vol.11

「彼との強烈な2時間を思い出す」一度はお断りした男の誘いに、女が乗った理由

「その10年が人生を決める」とも言われる、20代。

大半は自分の理想や夢を追い、自分の欲に素直になって、その10年を駆け抜けていく。

しかし中には事情を抱え、20代でそれは叶わず、30代を迎える者もいる。

この物語の主人公・藤沢千尋は病に倒れた母のため、都会に憧れつつも地元の愛媛に残り20代を過ごす

しかし母が他界したことをきっかけに、30歳にして初上京。その後、同僚・茉莉の影響で婚活デビューを果たし、再会した高校時代の先輩・良太からアプローチを受けるも、彼が既婚者であることが発覚してしまう。

一時帰省を終え、31歳としての自分を見つめ直す中、密かに気になっていた弁護士・速水の恋愛話を聞き、千尋にある想いが生まれるのだった。


“幸せになってるのかな…”

初めて2人で飲んだ夜からずっと、速水のつぶやいた言葉が千尋の頭から離れなかった。

きっと速水の彼女になるくらいなのだから、性格はもとより、外見も相当な美人であることは間違いないだろう。過去の恋愛話を聞いたことで、逆に速水をより遠くに感じてしまう......


【32歳のシンデレラ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo