オンナの金遣い Vol.10

キラキラ女子憧れの、“パーソナルスタイリスト”が語る、「月収数万円」の裏事情とは

女は、直感にしたがい、時として大胆にお金をつかう。

その瞬間、彼女たちが心に描くのは、とびきりの夢や幸せな未来。

この連載で紹介するのは、“ある物”にお金をつかったことで人生が変わった女たちの物語。

欲しい物にお金をつぎ込み、夢を見事に叶えた女や、それがキッカケで人生が好転した女もいれば、転落した女もいる。

これまで占いにはまる女、インスタの闇から抜け出したい女ワインスクールに通う女などを紹介した。

さて、今回登場するのは?


Vol.10 8万円で職業を変えた女


名前:飯島理子さん(仮名)
職業:パーソナルスタイリスト
年齢:34歳


「今日は、お客さんとお買い物同行に行く予定のお店を、下見してきた帰りなんです」

そう言ってグランドハイアット東京の『フィオレンティーナ』に現れたのは、今回インタビューに応じてくれたパーソナルスタイリストの理子さん(34歳)だ。

スラリと身長が高く華奢な体つきに、色白の肌に黒髪が良く似合っている。スタイリストだけあって、シンプルなスタイルに小物使いが効いておりセンスも抜群だ。

彼女は、5年前に自宅を拠点としてサロンを開設し、パーソナルスタイリストとして独立した。今では知る人ぞ知る、予約が取れないスタイリストとしての地位を確立している。

「もともとコンサル業界で働いていたんですけど、27歳のときに一着のワンピースを購入したことが、職業を変える大きなきっかけになりました」

パーソナルスタイリストのように、一見華やかで元手がなくても独立できると謳われている資格の“裏事情”を聞いてみた。

【オンナの金遣い】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo