立場逆転 Vol.5

出会って3ヶ月でプロポーズされた女と、「結婚する気はない」と宣言された独身女の差

やりがいのある仕事でキャリアを重ね、華やかな独身ライフを満喫する女。

早々に結婚し専業主婦となったものの、ひたすら子どもの世話に追われている女。

女として本当に幸せなのは、どっちだと思う−?

独身キャリア・工藤千明と、専業主婦・沢田美緒。対照的な選択をした二人が、同窓会で再会

洗練された美女へと変貌した千明は複数の男性から言い寄られているが、最も気になる男・宇野から「結婚する気はない」と宣言され落ち込む。

一方、かつて学校一のモテ女だった美緒は、商社マンの夫との間に一人息子を設け幸せに暮らしていた。しかしその風貌にかつての輝きはなく、夫もつれない

友人の華やかな生活を垣間見て、妙な対抗心を抱いた美緒は、千明を自宅へ招待することにした。


工藤千明:「これが、商社マンと結婚した女の暮らしか…」


「ここ、かぁ…」

Google Map片手にたどり着いた美緒の自宅は、自由が丘駅からタクシーで5〜6分の場所にあった。

「駅から歩けなくもない」と美緒は言ったが、正直、車を使って正解だった。

徒歩だと20分近くかかる気がするが…まさか美緒はこの道のりを歩いているのだろうか。

閑静な住宅街に建つそのマンションは、周囲の景観に溶け込む薄いベージュ色。相応の高級感はあるが、極めて一般的な分譲マンションと言えるだろう。

−そうよね。商社マンで専業主婦だと、こんな感じよね…。

失礼を承知で、私はそんなことを思う。だが33歳ともなれば、良くも悪くも世の中を知ってしまう。それが素直な感想だった。

その時、ベビーカーを押した若い夫婦がエントランスから出てくるのが見えた。

ファミリータイプのマンション、家族、ベビーカー。そして、都心から微妙に離れたこの自由が丘という街。

そのすべてが異質で、私は落ち着かない気持ちのままマンション内へと足を進めた。

【立場逆転】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo