まだパンケーキに並んでるの?絶品パンケーキは整理券の先にある!

歳を重ねるほど、何をするにもスマートでいたい。それは人気パンケーキ店にできる大行列にも言えることだ。

パンケーキといえば原宿のハワイアンレストラン『Eggs'n Things』を筆頭に、何時間も列をなすのが当たり前。

もはや国民食といえるまでに登りつめたパンケーキだが、席数の少ない店は、なんと整理券制度まで取り入れ始めたという。

今、大人たちの間で話題の“並ばない”絶品パンケーキに迫る。


絶妙に効いた“塩”が大人たちを夢中にさせる
『紅鶴』の「蜂蜜とバターのパンケーキ」

@浅草

2017年にオープンした『紅鶴』はパンケーキ専門店には珍しく、カウンター席のみ。

手際良く焼かれるさまに、思わず見入ってしまう。香ばしい香りと共に焼き上がり、3枚積み重なった皿は迫力満点。

鉄板の上で裏返される度プルプルと揺れる生地は、見ていて愛らしく、ふわふわ食感への期待が高まる。単品¥1,200


それでも、すんなり完食出来るのは、ふんわり軽い生地に“ 塩” が効いているから。 クリームやフルーツを添えず、ハチミツとバターだけで味わうと、この甘じょっぱさがさらに際立つ。

シンプルにして隠し味にドキッとさせられる大人のパンケーキだ。

シンプルなインテリアで、カウンター席のみ

パンケーキ屋らしからぬ外観で、男性も入りやすい


驚愕の口溶けとミルキーな香りは、まさに至福
『茶香』の「太陽」

@北千住

ひとたび口に入れた瞬間、“とろける”、“しゅわしゅわ”など、パンケーキのたとえとは思えない言葉が頭に浮かぶ。

焼き目はしっかりとつけられている分、予想を裏切る食感に驚かされる。

2010年のオープン当初は薄いタイプの生地だったが、常連客のリクエストで、厚みのある生地に変更された。単品¥1,250


こだわりは、牛乳からバターを作る工程でできる、バターミルクを使うこと。柔らかくジューシーな仕上がりになるだけでなく、ミルキーな味わいの決め手になる。

生地そのものが我を忘れるほど美味しいが、添えられたソフトクリームとの相性も想像以上だ。

テーブル10席と、おひとり様に嬉しいカウンター5席がある

ウッド調のほっこりとした佇まい

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo