オトナの恋愛塾~宿題編~ Vol.69

「あれ、この子計算高い・・・?」デート中に男が気になった、モテ女ならではの行為とは

私たちはこれまでに散々、LINEデートのHow toを学んできた。

しかし、やっとの思いでLINEやデートに漕ぎ着けても、失敗の可能性は常につきまとうのだ。

あんなに盛り上がったはずなのに、突然の既読スルーに予期せぬ別れ。 恋人同士になれたかと思ったのに、いつまでたっても一進一退を繰り返す関係性。そんな経験、無いだろうか?

男女の関係を次に繋げる方法を学ぶため、あなたに宿題を出していこう。

さて、今週の宿題は?


北斗と出会ったのは、友人の結婚式だった。結婚式と言っても最近流行りの1.5次会スタイルだったのだが、読者モデルなどでも名が知られているエリカの結婚式はとても華やかで、ゲストも豪華。

そして新郎は経営者で、来ている人たちの質がかなり良かった。

そんな背景もあり、いつも以上に気合を入れて結婚式に参加したのだが、そこで私はかなりタイプの人に出会ったのだ。

「新婦のお友達ですか?」

ドリンクを貰おうと列に並んでいると、後ろにいた男性から声を掛けられた。振り返ると、ビシッとスーツを着こなしている、少しガタイの良い男性が立っている。

カフスから覗く時計は、良い物であることが一目瞭然で、靴も上質。歯も綺麗だし、雰囲気からして経営者か何かだろう。

瞬時にパパッと脳内で計算をし、私はとびっきりの笑顔を作った。

「そうなんです、仕事仲間で・・・」

そこから会話が弾み、お互い自己紹介をし合う。

「じゃあ萌さんは新婦と本当に仲が良いんですね」
「そうなんですよ。もう10年くらいの付き合いになるかな?北斗さんは、どういったご関係で?」
「僕は新郎の飲み友達で。よく一緒に遊んでいたんですよね」

物腰も柔らかいし、優しそうだ。

こうして番号を交換し、私たちはすぐデートをすることになった。

【オトナの恋愛塾~宿題編~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo