U-29女子の婚活サバイバル Vol.2

ハイスぺ彼氏を手放し、24歳で婚活スタート!狙った男を逃さないための“運命の工作”とは

​東カレ編集部:たった1年でいろんな人とデートしたんですね…相当、出会いの場を広げて頑張ったんじゃないですか?

​トモさん:お食事会の予定は結構入れてますね。そのほかにも街コンや結婚相談所、友人からの紹介とか。

婚活のために努力していることって、そんなにないと思うんですけど…美容やダイエットといった自己研鑽と、トーク術の向上は意識してます。あとはごはんやお酒、音楽などトークの振り幅を広げられるように知識を深めています。

​東カレ編集部:婚活に対する向上心がハンパじゃない…!

​トモさん:私、相手の興味がある分野を調べつくして、それに合わせてるだけに見えるかもしれないんですけど。それだけじゃないんです。

全部話を合わせてても刺激がないので、たまに彼の不得意分野で会話を攻めてみたり。とりあえず反応を伺いながら、行動や言動を注視してみると上手くいくかもしれませんよ。


​東カレ編集部:トモさん、かなりモテますよね?そのうちすぐ結婚決まりそう。今後も婚活は続けていくんですよね?

​トモさん:もちろん!1年婚活して、結果として経営者の元彼を引きずっちゃってますけど。まだまだ婚活は続けますよ。

もし今後、婚活で出会った人と結婚するなら“この人の介護ができる”って思えるような人か、そして年収が私より高いかどうかは気にしちゃいますね。

反対に、妥協できるのは家事能力の低さです。尽くしちゃうタイプなので全然苦にならなくて。ただ、感謝の気持ちはあってほしいですが…!

​東カレ編集部:お話しを聞いていると婚活順調そうだなって思うんですが、不安に思うことってありますか?

​トモさん:これまで出会ってきた男性は、容姿とか価値観とか年収とか、条件はほとんどクリアしているはずなんです。だけど結局好きになれなくて…いつか、うまく話がまとまったときに、ちゃんと結婚に踏み切れるのかなって思うことはあります。

だから未来の私に“この人は逃しちゃダメだよ”って人を、教えてもらいたいくらい!(笑)

私、目標が“28歳までに結婚して、タワマンに住む!”それだけなんです。だから素敵だと思える人と出会えるように、もう少し頑張ってみます。…無理だったらもうマンション買います(笑)



20代前半にもかかわらず、本気で婚活に取り組むトモさん。狙った相手には戦略立ててアプローチするというその賢さを活かして、ぜひ幸せな結婚生活を掴み取ってほしい。


▶Next:8月28日 水曜更新予定
商社マンを狙い続け、大手商社に詳しくなりすぎた婚活女子

【U-29女子の婚活サバイバル】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo