聖女の仮面 Vol.1

聖女の仮面:10年前、同級生の女が忽然と姿を消した。27歳になった女たちの、衝撃的な再会

女は、仮面を被った生き物だ。

優しい微笑みの裏に、怒りや悲しみ、ときに秘密を隠し、本当の自分を偽りながら暮らしていく。

たとえば聖女のような女にだって、裏があるかもしれない。

それを美しい仮面で覆い隠しながら、生きているのだ。

恵子が高校生の頃、聖陽女学院で、ある一人の女生徒が、理由もわからず突然転校していった。

あれから10年。27歳となった恵子たちの前に、あの時いなくなった女が現れてー。

4人の女が美しい仮面の下に隠す、素顔と真実とは?


「二人とも、写真撮るからこっちきてー!」

甲高い声に、恵子は振り返った。うだるような炎天下のベランダで、声の主・萌が大きく手招きしている。

急いで立ち上がると、毛玉のようなトイプードルが足にまとわりついてくる。万が一にも蹴ってしまうようなことが無いように注意しながら、外にでた。

「こんな暑いのに萌もよくやるよ。インスタってそんなに面白いのかな。ねえ?」

後ろから聞こえる、さくらのつぶやきを、恵子はいつもどおり苦笑とともにやりすごす。こんなやりとりももう、慣れたものだ。

恵子と萌、そしてさくらは、聖陽女学院の同級生だ。

都内でも有数のお嬢様学校で出会った3人は、タイプも性格もまるで違うのに、なんだかんだでもう10年以上、行動を共にしている。

同級生が社会人デビューを果たす中、萌は早々に結婚して家庭に入り、現在は子供もいる。それ以降、3人で会うときは、都内のはずれにある萌自慢の一軒家で集まるようになった。

最近は、ここに来るたびに、インスタグラムに夢中な萌のカメラに収まるのが恒例となっている。

こだわりを詰め込んだという狭いベランダには、ヨーロッパ風のテーブルセットが置いてあるせいで、大人3人も集まれば、外なのに息が詰まる。

「よし、設置オッケー!二人、ここに立って。」

恵子は萌の左側に立つと、息苦しさと蒸し暑さに耐えながら、連射音を立てるカメラに笑顔を向けたのだった。

同級生というのは不思議なものだと、恵子はしみじみと思う。

「友情」という言葉だけでは表せないような、強固な絆で結ばれた関係。それゆえに、一度形成されたヒエラルキーは、絶対に覆らない。

【聖女の仮面】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo