U-29女子の婚活サバイバル Vol.1

U-29女子の婚活サバイバル:婚活歴4年、25歳でゴールイン!その緻密な戦略と妥協ポイントとは

20代で“本気の婚活”をする女性の実態を、あなたは知っているだろうか?

東カレ読者から「20代女子の婚活事情」を募集したところ、生々しい体験談が続々と集まった。

彼女たちの中には「結婚適齢期が近づいてきたから」といった、安易な理由で婚活をする人などいない。

平均初婚年齢が30歳近い昨今でも、U-29のうちに“特別なひとり”を見つけようと、婚活というサバイバルに果敢に挑んでいる。

焦る気持ちを笑顔の裏に隠し、令和の時代をたくましく生き抜く、婚活女子のリアルな姿を覗いてみよう。


【今週の婚活女子】

名前:ヒロミ(仮名)
年齢:26歳
職業:コンサル
婚活歴:約4年(既婚)

今回話を聞いたのは、4年間の婚活の末、見事25歳で結婚したというヒロミさん。職業コンサルタント、婚活でもしっかり戦略を立てて行動したというヒロミさんに、その攻略法を聞いてみた。

​東カレ編集部:婚活歴4年・25歳で結婚したということは、学生時代から婚活していたんですか?なぜそんなに早くから始めていたんですか?

​ヒロミさん:はい、大学3年の後半には、もう婚活を始めていましたね。というのも、両親が大学卒業と同時に結婚していて、小さい頃からそれが当たり前だと思っていたので、卒業と同時に結婚したいと考えてました。それは叶わなかったんですが、母が私を産んだのが25歳の時なので、それまでには結婚しないとヤバいと思っていて…(笑)26歳になる1週間前に入籍しました。

​東カレ編集部:ギリギリセーフでしたね!?

​ヒロミさん:旦那や義両親からは、記念日や令和元年に入籍したらと言われていたのですが、会社の人事評価が~とか、手当金が~とか適当な言い訳をして、なんとか25歳での結婚に滑り込みました!

​東カレ編集部:執念の勝利ですね。ヒロミさんが婚活の主戦場としていたのは?

​ヒロミさん:マッチングアプリです。当時は3つを駆使してましたね。暇さえあれば全部チェックしていました。

​東カレ編集部:3つも使い分けてたら、ワケが分かんなくなっちゃいそうですが…。

​ヒロミさん:はい。連絡先を交換してしまうと誰が誰だかわからなくなってしまうので、会うまでは連絡先を交換しないでおいて、アプリ内で連絡を取っていました。沢山の人と連絡をとっていたので、やり取りを遡ることばかりでしたね。そうやってアプリを長く続けてるうちに、ほとんどの男性と会ったことに気付いちゃって(笑)

​東カレ編集部:いわゆる合コンではなく、アプリで婚活をしたのはなぜですか?

​ヒロミさん:アプリは合コンと比べて、一対一で会うことができるし、自分から会う人を選べるので、効率よく出会える方法だと思ったからです。

ただ効率的な分、アプリは多くの人が軽い気持ちでやってると感じることも多かったです。あとは、「オトナの恋愛塾~宿題編~」に出てくるような、ちょっと残念な方もいましたね(笑)。

​東カレ編集部:アプリでたくさんの人に出会うということは、マッチング率が高かったということですよね。その秘訣は?

​ヒロミさん:そうですね。プロフィールがランキング表示されるようなものは、写真や文章を工夫して常に上位1%に入るよう、かなり頑張ってました。ここにコンサルの仕事が活かされてましたね。

​東カレ編集部:ランキング上位1%ってかなり大変だと思うのですが、具体的にはどんなことをされてたんですか?

【U-29女子の婚活サバイバル】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo