オンナの金遣い Vol.4

アプリで加工した姿と、リアルな自分への違和感。年間240万を美容代に費やした女の悲劇

女は、直感にしたがい、時として大胆にお金をつかう。

その瞬間、彼女たちが心に描くのは、とびきりの夢や幸せな未来。

この連載で紹介するのは、“ある物”にお金をつかったことで人生が変わった女たちの物語。

欲しい物にお金をつぎ込み、夢を見事に叶えた女や、それがキッカケで人生が好転した女もいれば、転落した女もいる。

これまで、子供の塾代に500万円支払う女性ドクター争奪戦に敗れた女性や、結婚相談所に130万円かける女性が登場した。

さて、今回登場するのは?


Vol.4 美容医療に1年間で約240万支払った女性


名前:井出夏美さん(仮名)
職業:主婦、ハワイアンマッサージサロン経営(自称)
年齢:42歳


「綺麗な人が言う、“私何もやってないんです”っていう言葉、素直に信じられます?」

インタビューに応じてくれた夏美さんは、不満そうに語り始めた。

「私、美容医療に240万もかけて、せっかく綺麗になったのに、夫に離婚をほのめかされるようになったんです」

今回話を聞いた夏美さんは、二人のお子さんを持ちながら自宅でハワイアンマッサージサロンを開いているという。42歳にしてずいぶん肌は滑らかで美しく、人を惹きつける華やかさを持ち合わせている女性だ。

「人が老いに抗いたいっていうのは自然なことじゃないですか?でも、夫はそんなことしなくてもいいって言うんです。それって、何もしなくても若さを維持できるという幻想を追い求めている、そう思いませんか?」

彼女は、35歳の頃から美容クリニックに通い始め、ここ最近は毎月約20万を美容医療のために遣っている。すなわち、この1年間で約240万を支払った。

内訳は、ボトックスやヒアルロン酸注射、レーザーなどのしみとり、目の下のクマ治療など、その時々で肌の状態に合わせてメニューを組んでもらっている。

しかし、この金遣いのせいで、夫婦仲が険悪になっており、このまま美容に投資し続けるなら離婚すると脅されているとのこと。しかし、夏美さんは「女性は常に若く綺麗であるべき」という信念のもと美容に投資し続けている。

そんな夏美さんとハイスペだという夫の話を詳しく聞いてみた。

【オンナの金遣い】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo