男の勘違い Vol.3

モテるどころか逆効果…初デートの待ち合わせで、女が冷めた男の行動とは

「この子、俺に気があるんじゃ…?」

男は何故すぐに、そう思い込んでしまうのだろうか。

周囲を見渡して見ても、やはり女性より男性の方が“脈あり”を客観的に判断できない傾向にあるように思う。

今この瞬間も、男たちの一方的な勘違いにより被害を被るアラサー女子は後を絶たない。

これまで高級鮨屋での惨劇勘違い既婚男をお届けした。さて、今週は?


【今週の勘違い報告】

名前:小山千夏(仮名)
年齢:28歳
職業:外資系IT企業

勘違い報告Vol.3:「男性の“俺ってすごいだろ?”アピールって、逆効果だと思うんです」


「男の人って、どうしてあんなに自慢が好きなんですかね…?」

今回の報告者・小山千夏は、冒頭からかなりうんざりとした表情で口を開いた。

紀尾井町ガーデンテラスの『ガーブ セントラル』。オフィスを抜けてきたという彼女は、心を落ち着けるかのようにカフェラテをゆっくりと啜っている。

「私の性格が悪いのかな?(笑)男の人があからさまに“褒められたいオーラ”を出してくると、その瞬間にスーッと冷めちゃう。すごいですね!さすがです!って言って欲しいんだなってわかればわかるほど、絶対に言いたくなくなるんです」

前髪をふわりとかきあげ、「あはは」と乾いた声で笑う千夏。

彼女は自分を“性格が悪い”と評したが、決してそんな風には見えない。綺麗に並んだ白い歯が眩しい。さっぱりとした性格が、そのヘルシーな外見にも表れているようだ。

そんな千夏が思わずこんな風に愚痴ってしまうのには、当然、理由がある。

彼女は先週、会社の先輩から紹介され、イベントプロモーション会社を経営する飯田哲平(35歳)とデートをした。

紹介してくれた先輩からの前情報によれば、大手広告代理店から若くして独立したイケメンという話。それゆえ千夏もかなり前向きなテンションだったのだが…。

「紹介してくれた先輩には悪いけど…すでに待ち合わせの時点で、私のテンションはだだ下がってしまいました」

【男の勘違い】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo