肉汁とタレがしみ込んだ、炊き立てごはんをほおばる幸せ!やみつき必至のタレ焼肉4選


「希少部位」「熟成肉」「塩で味わう焼肉」etc.

さまざまなトレンドの変遷を経て、現在、焼肉界では“タレ焼肉”に熱視線が注がれている。

そもそも焼肉におけるタレの役割は、肉の美味しさを増幅させるもの。

そしてかつてのタレ焼肉からさらに進化し、肉もより高いレベルで相乗効果を狙うのが今風。

ひと昔前であれば“上質な肉にタレをつけるなんてもったいない”という風潮があったが、いまや『X』『誇味山』など、高級店ですら続々と登場中なのだ。

今回は“おいしいお肉をモリモリ食べたい!”という欲求を叶えてくれる、普段使いもOKのお手軽な新店4軒をご紹介!

ビールとごはんをお共に、心ゆくまで欲望を満たそう!

「めし炊き立て」¥1,000(2合)はテーブルごとに土鍋で提供する。ピカピカに輝くごはんはお肉の恋人!


ここが“タレ焼肉”の本格的復権の立役者!
@『たれ焼肉のんき 浜松町店』


タレ焼肉界の最先鋒ともいうべき店が『たれ焼肉のんき』。

2018年10月に神楽坂にオープンするやいなや、明快でわかりやすいメニュー構成と大衆的な雰囲気、何よりそのタレとお肉のうまさにハマる人が続出。

2ヵ月後には早くも、浜松町に2号店を開店したほどだ。

タレを纏ったお肉を鉄板に乗せれば、食欲をそそる音と匂いが! 目を離さずベストな焼き加減を目指そう


焼肉メニューは「赤(赤肉系)」と「白(ホルモン系)」のみと、極めてシンプル。

それぞれ5〜6種類の部位を、自慢のタレで和えてある。

「美味しいトコ、まとめておきました!」という明朗システム。

あとは、炊きたてのごはんにお肉をバウンドさせて、口いっぱいほおばるだけ。

今夜ばかりは、食欲のリミッターを外してロースターを囲もう。

もみダレは、注文毎にお肉と合わせる。「赤」と「白」でタレを変えており、中身は企業秘密だが、「赤」は甘みが強く、「白」はヤンニョムジャン入りで、ピリ辛に

従来の「赤」「白」に加えて、新たに登場した「上赤」¥3,480(200g)は、鹿児島県産の銘柄牛「薩摩和牛」のカルビ、ロース、ハラミなど4~5部位をミックス

店は浜松町駅から徒歩3分ほど、大衆的な酒場が軒を連ねるエリアにある。月曜~土曜の15時~19時はハッピーアワーを実施!


■店舗概要
住所:港区浜松町2-9-1 高橋第3ビル 1F
TEL:03-6435-8664
営業時間:【月曜~木曜・土曜】15:00~(L.O.23:00)
     【金曜】15:00~(L.O.24:00)
定休日:日曜(月曜祝日の場合は月曜休み)
席数:テーブル32席、外テーブル4席

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo