東京ハイエンド妻 Vol.7

“29歳、駆け込み婚”で全てを手にしたはずだったのに...結婚2年目の女が悟った理想と現実

—上には上がいる。

それが、この東京という街の永遠に変わらない現実だ。

高価なバッグに高級外車など、同じものを持っていても、それを手にする過程には大きな違いがある。

やっとのことで手に入れた念願のものなのか、それとも数万円のものを買うかのごとくポンポンと手にしたものか。

前者と後者は似て非なるもので、そこには明確なコミュニティーの違いがある。

後者は、世帯年収3,000万以上なんて当たり前。東京の中でも頭一つ抜きん出て資産を保有する“ハイエンド・ゾーン”。

この連載では、“ハイエンド・ゾーン”にいる女たちの生態をお届けしよう。

これまでに、育ちのコンプレックスに悩む玲子日系私学受験組と一線を画すインターママの紗理奈元グラドルの綾乃元キー局女子アナの有香などを紹介した。今週は?


【今週のハイエンド妻】

名前:美紗子
年齢:31歳
夫の職業:不動産関連など
夫の年収:年収3,500万


美紗子は岡山の名士に嫁いだにも関わらず、夫が所有する東京のマンションに入り浸っている。

「埼玉県出身で、東京の女子大へと進学したのをキッカケに上京しました。卒業後は美容系の会社へと就職し、独身時代はずっと麻布十番に住んでいたんですよ」

そんな美紗子が結婚したのは、今から2年前の29歳の時。夫の春樹は地元岡山では有名な人らしく、代々続く家業を営んでいる。

「夫の祖先は元々土地持ちで、家業は不動産関連の仕事をしています。それ以外にも彼は酒造系の販売会社を立ち上げ、現在はそちらをメインで行っているのかな。また地元活性化のために諸々の投資も行っており、とにかく手広く事業を展開していますね」

家の写真を見せてもらったところ、広大な敷地内にそびえ立つ“屋敷”という表現が相応しいような壮大な家だった。

「夫も優しいし、何不自由なく暮らしています。でも・・・」

当時、かなり港区界隈で遊んでいたという噂もある美紗子。

岡山に嫁いだにも関わらず、ほぼ東京で暮らしているという現在の暮らしぶりを伺うと共に、今の結婚に至った経緯を教えてもらおう。

【東京ハイエンド妻】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo