絶品うにづくしコース!うにを心ゆくまで堪能したいなら銀座の人気店へ!


うに好きなら絶対に足を運んでほしい新店が誕生した。

2018年3月、銀座にオープンした『海栗とワイン TSUKIHI』。

うに好きならば今すぐ行くべき、名店の魅力をうに尽くしコースの美味しさと共にお伝えしよう!

全国各地から産地直送で仕入れる極上のうに

うにを心ゆくまで堪能できる名店が銀座に誕生

2018年3月、銀座に誕生した『海栗とワイン TSUKIHI』。その名が示す通り、うにとワインを楽しめるレストランである。

同店を手がけたのは、野菜の伝道師として有名なカリスマシェフである渡邊明オーナーシェフ。

元々、うにが苦手だったという渡邊氏は、全国各地の食材と出会ううちに自分でも食べられる美味しいうにがあることに気がついたという。その美味しさを伝えたいとオープンしたのが『海栗とワイン TSUKIHI』なのだ。

アミューズ「タイラ貝とつぶ貝のカルパッチョ サマートリュフの香りを添えて」

ほぼ全ての料理にうにを使用した贅沢コース

今回オーダーしたのは「TSUKIHI海栗コース~Premium~」(25,000円)。アミューズ以外の全ての料理にうにを使用した贅沢なコースだ。

この日のアミューズは「タイラ貝とつぶ貝のカルパッチョ サマートリュフの香りを添えて」。

フランス産のサマートリュフがたっぷりとかかった贅沢なビジュアルにテンションが跳ね上がり、ついついシャンパンを飲むペースも上がってしまいそうだ。

この日は右から「北海道はだて ムラサキウニ」、「根室産 バフンウニ」、「青森産塩水うに ムラサキウニ」、「函館産塩水うに バフンウニ」、「唐津産 赤うに」

5種のうにを食べ比べ!味わいの差を堪能しよう

ゆっくりとアミューズを味わった後、運ばれてくるのが「海栗食べ比べ5種」。こちらはぜひシェフが勧める通り右から順にひと口ずつじっくりと味わっていって欲しい。

板うにタイプのムラサキウニとバフンウニ、その後、塩水うにのムラサキウニとバフンウニ、そして最後に赤うにという順番で味わって行くと、それぞれの持つ旨みの違いをしっかりと感じる事ができる。

美味しさのあまりひと口で全部食べたくなってしまうが、ひと口ずつ順番に2、3周食べていくのがおすすめだ。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo