ロマンスが恋しくて Vol.1

ロマンスが恋しくて:「最近キスしたのいつだっけ?」婚活歴15年の女が、絶対幸せになると決めたワケ

いつの頃からか、「婚活してるの?」とすら聞かれなくなった。

幸せになりたいと願う気持ちは、何歳になっても変わらないのにー。

35歳を過ぎてから「独身」がコンプレックスとなっていく女。婚活歴15年の山崎真理子も、まさにそういう女だった。

顔は悪くない、性格は難なし、仕事は順調。結婚願望は今もある。

—40歳になったって、恋愛も結婚も仕事も、諦めたくない。

これは、年齢を重ねるにつれて“幸せになること”を諦めかけていた女が奮起し、幸せ探しを再スタートする物語である。


—ああ、疲れた。やっぱり無理してお食事会なんて、行かなきゃよかったわ…。

「山手通り沿いのドンキホーテあたりまで」と運転手に告げ、恵比寿からタクシーに乗り込んだ真理子は、ドサリと後部座席にもたれかかった。

会社の後輩・日下部ひなの(33歳)に誘われて参加することになった、木曜夜の恵比寿『福笑』でのお食事会。お相手は、外資コンサルティングファームの男たちだった。

「真理子さん、肌がとっても綺麗ですね!」
「真理さん、絶対モテるって!結婚していないのは、相手を選びすぎなんじゃないですか?」

そんな聞き飽きたセリフを言われ、「いえいえ、そんなことないですよ〜!」なんて、台本に書かれたかのような言葉を返す。

ーああ、このやりとり、人生何度目かしら…。これじゃ、まるでコントじゃない。

絶世の美女、とまではいかないけれど、少なくとも自分が美人の部類に入るということは、これまで散々人から言われてきたからよく知っている。

でも、知りたいのはそこじゃない。 真理子は、タクシーの中でガックリとうなだれた。

―結婚していない理由を、本当は「私が」一番知りたいのに…!

二次会は『バーノアール』に行くと言っていたが、そんな気分にはなれずお先に失礼することにした。

「真理子さーん、本当に二次会行かないんですかー?」

早足でタクシー乗り場へと向かう途中、後ろからひなのが大きな声で叫んでいるのが聞こえた。その周りでは、他の後輩たちや男性陣が何かの話題で盛り上がって大爆笑している。

真理子はクルリと振り返ると、完璧な笑顔を作る。

「ごめんね。私、明日朝早いんだ。みんな、楽しんでね!」

そう言い残すと、まだ騒がしい恵比寿の街を後にしたのだった。

タクシーから降りる直前、携帯がブルッと振動しLINEの通知を知らせる。

『今日は、最後までご一緒できなくて残念でした。真理子さんとお話しできて楽しかったです。今度、改めてゆっくりお話したいです。』

それは、今日のお食事会メンバーの一人、早川春馬(38歳)からのメッセージ。

今日来ていた男性陣の中では、ダントツのイケメンだ。そんな男からの誘いに思わず頰が緩みそうになって、すぐにハッと我に返った。

—ダメダメ、私ったら。何を本気にしてるのよ。

『こちらこそ、楽しかったです。ごちそうさまでした。また、ぜひお食事にでも行きましょう。』

心を無にして定型文を返しつつ、ぼんやりと考える。

きっと早川は、真理子のことを、今日一緒に参加したひなのと同じ33歳くらいだと思っているのだろう。

ーだけど私の本当の年齢を知ったら…この人は同じように誘ってくれるのかしら…?

【ロマンスが恋しくて】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo