オトナの恋愛塾~宿題編~ Vol.59

「ダメだと分かっているけれど、止められない…」 。既婚者を好きになった29歳女の悲劇

私たちはこれまでに散々、LINEデートのHow toを学んできた。

しかし、やっとの思いでLINEやデートに漕ぎ着けても、失敗の可能性は常につきまとうのだ。

あんなに盛り上がったはずなのに、突然の既読スルーに予期せぬ別れ。 恋人同士になれたかと思ったのに、いつまでたっても一進一退を繰り返す関係性。そんな経験、無いだろうか?

男女の関係を次に繋げる方法を学ぶため、あなたに宿題を出していこう。

さて、今週の宿題は?


許されないことだとは分かっていた。

でも、私はどうしても和樹への思いを止めることができず、そして結果として、奥さんがいるとわかっていながらも、彼のことを必死に追いかけるようになってしまっていたのだ。

「今奥さんとは別居状態で、夫婦関係は破綻している。だから、信じてほしい。僕が好きなのは、あゆみだけだから」

私は、和樹のその言葉を信じていた。

実際に彼とは週に3回くらいは会っており、仕事で朝が早い和樹は、早朝には家を出て行くけれど、私の家へ泊まることもよくあった。

それに、土日でも平日の昼間でも頻繁にLINEをくれて、夜は電話もする。

だから私は、彼と奥さんは仲が悪いという話や、“子供が小学校に上がるまで待ってほしい”という言葉を鵜呑みにして、そしていつかは離婚すると信じ、結果として2年もダラダラと待ち続けていた。

しかし、友達が見つけてきた彼の奥さんのInstagramで、残酷な真実を知ることになる。

和樹本人は”SNSはしない“と言っていたが、奥さんは随分SNSに熱心なようで、頻繁な投稿を行っている。そしてそこには、6歳になる長男の入学式で、彼と長男、そして奥さんの三人で幸せそうに写っている家族写真がアップされていたのだ。

—別居状態でいずれ離婚するって、嘘だったの・・・?

目の前が、真っ暗になる。

私は、このまま待っていても良いのだろうか?それとも、彼は最初から離婚する気なんてなかったのだろうか・・・?

【オトナの恋愛塾~宿題編~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo