休日ジェットセッター【プランニング編】 Vol.3

バンコクのイメージがガラリと変わった! SNS映え間違いなしの、1泊2日タイ弾丸旅行

もしも短い週末を利用して、現実から離れ、ひとときの特別な時間を過ごせたなら…?

そんな願いを可能にするのが、週末弾丸旅行だ。長期の休みが取れなくても、土日あるいは連休を使って、あるいはさらにそこに有給を合わせ、2〜4日間の短い旅行を楽しめる。

一分一秒も無駄にしない旅のプランニングをしてくれるのは、“休日ジェットセッター”として日本と海外を行き来する、週末旅のエキスパートたち。

前回は、日帰りで台湾を訪れる弾丸プランを紹介した。

今週末は、大人気の旅行先であるタイ・バンコクを前編・後編にわけてご紹介。こちら前編では、1泊2日でバンコクを堪能できる弾丸プランをご紹介!


今回、弾丸旅のプランニングをしてくれたのは・・・


日本とタイそれぞれで会社を経営する、経営者の大地さん(35)。かつて7年間バンコクに住み、現在は東京とバンコクを行ったり来たりする生活を送っている。

これまでに、現地1泊でバンコクを訪れる弾丸旅行を何度も経験しているとか。

話を聞くと、バンコクを訪れる一番の楽しみは、物価の安さゆえに普段できないラグジュアリーな体験ができること。

よく東南アジアやタイというと、ローカル感溢れる雑多なイメージばかりを抱く人も多い。もちろんそれらもバンコクらしさのひとつだが、実際に現地に行ってその発展ぶりを目にし、イメージが180度変わったという方も多いのだそう。


5月25日、土曜日。朝4:35スワンナプーム国際空港到着。(残り滞在時間:33時間20分)


今回利用したフライトは全日空のNH849便。金曜夜に羽田空港に向かい、深夜0:55羽田発の便でバンコクへ。

6時間半のフライトを経て、スワンナプーム国際空港に到着。週末旅にしては決して短いフライト時間ではないが、今回は有休をとらずに1泊2日でバンコクを楽しむという、超・弾丸プランに果敢に挑戦。時差が2時間のみなのは嬉しい。

現地で与えられた時間は33時間20分。たったこれだけの時間で、多彩なバンコクの魅力を知り尽くすことができるのか・・・?

空港に着いたら、早速行動を開始。まずは今回宿泊するホテルにタクシーで向かって荷物を置きに行こう。

現地での移動手段はどうすればいい?


一日ガッツリと色んなところを回りたいなら、大地さんがオススメするのはタクシーのチャーターだ。安心の日系タクシー会社もあり事前に予約が可能。

だけどせっかく物価の安いバンコク。通常のタクシーを利用したいのであれば、配車アプリを活用すれば、ボッタクリなども防ぐことができる。現地で多く利用されているアプリは「Grab(グラブ)」だとか。

ただしバンコクは、渋滞で有名な都市。週末でも17時以降は渋滞が発生するので、夕方以降の移動はBTSや地下鉄など電車を利用しよう。なお平日の場合は、朝から大渋滞が発生するので、要注意。

7:00『バニラスパ』で早朝マッサージ(残り滞在時間:30時間55分)


早朝フライトの場合、早く着きすぎてやることがない…と悩む方も多いと思うが、『バニラスパ』には、早朝のスパサービスがあるのが嬉しい。

タイの魅力の一つがその物価の安さだが、120分のタイ古式マッサージが550バーツ、オイルマッサージが1,000バーツ(1バーツ=3.44円。5月23日現在)等、日本では考えられないような値段でマッサージを受けられるのはバンコクならでは。(早朝サービスの場合は別途早朝料金500バーツ)

ゆったりとしたリラクゼーションタイムを堪能し、フライトの疲れを癒したい。

【バニラスパ】
住所:10/9-10 Soi Sukhumvit 39, Sukhumvit Rd.,Klongton Nua, Wattana, Bangkok
電話:+66 2 260 2787
URL:http://vanillaspa-th.com
地図:Googleマップ
最寄駅:BTSプロンポン駅
営業時間:通常営業時間10:00~22:00(早朝サービスは7:00〜、事前予約が必要。早朝サービスの場合は、1,000バーツ以上あるいは2時間30分以上のトリートメントのみ予約可能)

9:30 『Sarnies Bangkok』でトムヤム・エッグベネディクトの朝食を(残り滞在時間:28時間25分)


マッサージを堪能した後は、カフェ『Sarnies Bangkok』に向かい、朝食を頂く。現地のカフェ好きたちの間でも人気のお店だが、お目当ては「トムヤム・エッグベネディクト」。サーモンをたっぷりのせたエッグベネディクトに、トムヤムクンで知られるトムヤムソースをかけたユニークな一皿だ。

タイならではのアイディアの、創作エッグベネディクトはこちらのお店でしか食べられないので、是非試してみたい。

また、バンコクの有名パン屋さん『Amantee』のパンも食べることができる。パンとコーヒーだけでも十分に至福の時を過ごせるお店。

バンコクで有名なパン屋さん『Amantee』のパン

現地カフェ通の間では人気の、オシャレな店だ

【Sarnies Bangkok】
住所:01, 103 Soi Charoen Krung 44, Bangkok
電話番号: +66 2 102 9407
URL:Facebookページ
地図:Googleマップ
最寄駅:BTSサパーンタクシン駅
営業時間:8:00~17:30

【休日ジェットセッター【プランニング編】】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo