羽田空港STORY Vol.5

麗しの美人CAと、彼女いない歴31年男。まさかの出来事が起こった夜

利用旅客数世界屈指の大空港・羽田。

そこには、行き交う人の数だけ、ドラマがある。

日常と非日常。出会いと別れ。

胸を締め付けるほどの期待と、心がちぎれるほどの後悔と。

想いは交差し、今日もここで「誰かの人生」の風向きが、ほんの少しだけ変わるのだ。

これは、羽田空港を舞台に繰り広げられる、様々な男女のオムニバスストーリー。

まず登場したのはグランドスタッフの山田芽衣パイロット訓練生の神崎賢人。二人の不器用な恋の始まりが語られた。

そして前回、絶賛ハイクラス婚活中の超美人CA相本美琴が登場。今回は、彼女が予定外に好きになってしまった整備士・三上透の胸の内に迫る。


「うっしゃー!無事に飛んだな!透、また腕上げたんじゃないか?たまには奢ってやるぞ、蒲田で一杯いくか」

俺のつなぎの油汚れも気にせず、先輩の洋二さんが後ろからヘッドロックで労ってくれる。洋二さんとは同じ航空整備士専門学校からの付き合いだから、かれこれ10数年の仲だ。

「ありがとうございます、ボーディング遅れなくて良かった。一杯行きたいとこなんですけど、レポート書いたら柔術の練習行かないと。試合が近いんで」

整備道具を、間違えないように確認しながら丁寧に戻していると、洋二さんが心から憐れむような目でこちらを見ているのが分かった。

「透…。お前暇さえあれば勉強か柔術って、もう今年32だろ!?この前誘ってやった羽田交流会、CAとかGHとかいっぱいいたじゃねえか。誰かいなかったのか?

あ!あの有名な超美人CAの相本さんとしゃべってたって聞いたぞ、どうかなってんのか?」

「はあ? どうかなるわけないでしょう、CAさんと。新しく入る機材のこと話してただけですよ。あと、たまたま柔術のジムが同じで」

「…まあなあ、CAって言っても普通のCAじゃないもんな。彼女、なんかすげえ御曹司だかIT社長だかと付き合ってるって噂聞いたぞ、俺らとは世界が違うな」

…そうか、美琴さんの彼氏はそんな凄い人なのか。

彼女は外見だけではなく、性格もとてもいい。流石だ。そういう稀有な人にはそういった男が似合いだろう。

俺はまだまだしゃべってる洋二さんを置いて、ロッカーに移動していた。

早くジムに行かなければ。そういえばもしかして美琴さんもいるかもしれない。

【羽田空港STORY】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo