夫の異変は突然に Vol.11

「俺、裸の王様だったのか…?」妻を完全に見下していたエリート男。夫の鼻をへし折った痛烈な一言とは

美男美女カップル、ハイスペ夫、港区のタワマン。

上には上がいるものの、周囲が羨むものを手に入れ、仕事も結婚生活も絶好調だったあずさ・30歳。

まさに順風満帆な人生を謳歌するあずさは、この幸せが永遠に続くものと信じていた。

…ところが、夫の非常事態で人生は一変、窮地に立たされる。

幸せな夫婦に、ある日突然訪れた危機。

それは決して、他人事ではないのかもしれない。もしもあなただったら、このピンチをどう乗り越える…?

激しい言い争いの末、妻・あずさが実家に帰ってしまった。帰りを待つ夫・雄太は、あずさの父親から「娘を返すつもりはない」と言われてしまうが…?


「ご気分はいかがですか」

雄太は、2週間ぶりにメンタルクリニックを受診していた。

眠れるようになったこと、食欲が戻ったことや気分にムラがなくなってきたことを報告すると、仏のような顔をしたオバちゃん医師が優しく微笑んだ。

「お薬は続けて、このまま様子をみていきましょうね。他に困っていることや相談などありますか」

−転職について聞いてみようかな。

いまだに、なぜあずさに転職を否定されたのか理解出来ずにいた。正直なところ、受け入れてもらえなかったことへの苛立ちが、しこりのように残っている。

環境を変えることで心機一転やりなおすことも出来るだろう。それに、無気力気味だった自分が前向きになっているのだ。応援するのが普通ではないか。

さすがのあずさも、医師のお墨付きがあれば納得するかもしれない。

医師だって、こんなにも前向きだということが分かれば、喜んで勧めてくれるに違いないと、雄太は自信たっぷりに話した。

「実は、会社を辞めて、転職しようと思っています」

すると、先ほどまで穏やかだった医師の顔がみるみるうちに曇っていった。

「…和田さん。焦ってはいけませんよ。ゆっくり考えていきましょう」

言葉は丁寧だが、その目は完全に拒否を示している。

−え…?俺、間違っていたのか…?

予想外の回答に頭の中が真っ白になり、言葉を失った。

【夫の異変は突然に】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo