略奪愛 Vol.18

「私の夫を返して…!」略奪愛を誓う男女が暮らすマンションで、妻が目にした残酷な光景

人のものを奪ってはいけない。誰かを傷つけてはいけない。そんなことは、もちろんわかっている。

しかし惹かれ合ってしまったら、愛してしまったら、もう後戻りなんてできない−。

WEBメディアで働く三好明日香(24歳)は、彼氏がいながら既婚の上司・大谷亮(おおたに・りょう)男女の関係に

距離を置こうとする離れられない二人同棲を開始。泥沼にハマっていく。

全社メールで関係を暴露され退職に追い込まれた明日香。さらには大谷も妻に不貞がバレ事態は修羅場に。二人は離れ離れとなった。

だが離婚する気のない妻が明日香に嘘を吹き込んだと知り、大谷はついに家を出る。

再び一緒に暮らし始めた二人。しかしそこへ、明日香の母が上京してくることに。


母の上京


「初めまして。明日香の母です」

意外にも堂々と挨拶する母を、私は大谷の横でハラハラしながら見守った。

普段はふわふわと頼りない性格なのに、こういう場面ではしっかり親の顔だ。私はそんな母の前で、急に何もできない子どものような気持ちになった。

母親から上京すると電話があったのが5日前のこと。

元カレの昭人とは別れたこと、代々木上原の家から引っ越し、今は元上司だった大谷と同棲していると話した

事情を聞いた母は驚いた様子で、一瞬、言葉を飲み込むのがわかった。

しかし母はそのあと私を一切追求せず、「そういうことなら、お母さんホテルに泊まるわ」と言ってくれたのだった。

ところがあまりにあっさり引き下がられ逆に申し訳ない気持ちになってしまった私は、つい勢いで口走ってしまったのだ。

「家には泊められないけど、日曜の昼に食事しよう。大谷さんのことも紹介したいし…!」

…そして、今。

私と大谷、母の3人は『東京 芝 とうふ屋うかい』の個室で向かい合っている。

【略奪愛】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo