オトナの恋愛塾~宿題編~ Vol.46

男が“どこにでもいそうな女”を選んだのはナゼ?清楚なお嬢様系美女が、普通の女に負けた意外な理由

私たちはこれまでに散々、LINEデートのHow toを学んできた。

しかし、やっとの思いでLINEやデートに漕ぎ着けても、失敗の可能性は常につきまとうのだ。

あんなに盛り上がったはずなのに、突然の既読スルーに予期せぬ別れ。 恋人同士になれたかと思ったのに、いつまでたっても一進後退を繰り返す関係性。そんな経験、無いだろうか?

男女の関係を次に繋げる方法を学ぶため、あなたに宿題を出していこう。

さて、今週の宿題は?


「麻里奈は、可愛いし性格も良いんだけど・・・ごめん。他に好きな人がいるんだ」

好意を寄せていた弦太からこう言われ、私はどうすればいいのか分からなくなった。見た目だって悪くないと思うし、個人経営とはいえ頑張って自分で事業もしており、自立もしている。

それなのに、弦太が好きになったという人は“至って普通の女の子”だった。

一体、私の何がいけなかったのだろうか?



弦太と出会ったのは、知人が主催した食事会だった。

IT系専門広告代理店勤務の28歳。爽やかで、話は面白いけれど根は真面目そうな感じが、結構タイプだ。するとどうやら向こうも私のことがタイプだったらしい。

「麻里奈ちゃん白金出身なの!?わかる、品の良さがにじみ出てるもん。俺、麻里奈ちゃんみたいに清楚な子が好きなんだよね」

初対面の時から、弦太はそう言っていた。そして皆でLINE交換をした翌日に、さっそく個別でデートの誘いが来たのだ。

こうして迎えた1回目のデートでは、話も盛り上がったし、その後も何回かデートを続けた。

この関係は、きっとうまくいくだろうと思っていた。私はいわゆる“鉄板のモテ”系タイプだとよく言われ、弦太にも好かれる自信があったのだ。

それなのになぜ彼は、私より明らかに格下の女性を選んだのだろうか・・・

【オトナの恋愛塾~宿題編~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo