オトナの恋愛塾~解説編~ Vol.42

「この男、“構って”ちゃん…?」普段は優しい女がついに我慢の限界に達した、1通のLINE

恋とは、どうしてこうも難しいのだろうか。

せっかく素敵な出会いをしても、相手に「また会いたい」と思わせない限り、デートにも交際にも発展しない。

仮に、順調に駒を進められても、ある日突然別れを突き付けられることもある。

しかし一見複雑に絡み合った恋愛でも、そこには法則があり、理由がある。

どうしたら、恋のチャンスを次のステップへ持っていけるのか、一緒に学んでいこう。

今回はいつも心配してくれていたのに、突然冷たくなった女の謎という宿題を出していた。

あなたはこの宿題が解けただろうか?


和也と出会ったのは、知人の紹介だった。

といっても、恋人としてではなく普通に友人として紹介されたのだが、同じ年ということもあり、最初から気が合った。

「麻衣子ちゃんは今、何の仕事してるの?」
「私は人材派遣の会社だよ。和也君は?」

キラキラとした華やかさはないかもしれないが、私は結構仕事が好きで、今の会社にも満足している。

「僕は外資系の保険会社だよ。とは言え、ほぼ個人事業主みたいなものだけどね」

和也からそう言われ、幾つかの社名が頭に浮かぶ。

営業成績がダイレクトに給料に反映すると有名だし、骨の折れる仕事も多そうだ。でもきっと、やり甲斐があるのだろう。

「へぇ〜そうなんだ!面白そうな仕事だね」
「うん、大変だけどね」

そんなお互いの仕事の話で始まったこの関係。最初は確かに、私は和也に気があった。彼は優しいし、尊敬できたから。

だが、何度かデートを重ねるうちに、そしてLINEをしているうちに、どんどん気持ちが冷めていってしまったのだ。

【オトナの恋愛塾~解説編~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo