実家暮らしの恋 Vol.1

実家暮らしの恋:28歳の美人商社OL。周囲が絶賛する“完璧な女”の、男は知らないズボラな一面

東京で1人暮らしを始める際、家賃の高さに目を疑う人は多いのではないだろうか?

特に23区の人気エリアでは、狭い1Kでも10万円を超えることはザラ。まだ収入の低い20代の若者たちの中には、“実家暮らし”を選択する者も少なくない。

家賃がかからない分可処分所得が多くなり、その分自分の好きなことにお金を使えることは、大きなメリットだ。

大手総合商社で働く一ノ瀬遥(28)もそのうちの一人。

仕事は完璧、また収入の大半をファッションや美容に投資できる彼女はいつも隙なく美しく、皆の憧れの的。最近は新しい彼氏もでき、全てが順風満帆…のはずだったが!?


「遥さん、ちょっと困っていて…」

入社2年目の安西梢が大きな目を潤ませ、遥に助けを求めてきた。大手総合商社の食品部門、水産品チーム。梢は4期下の後輩だ。

「この顧客の件、出荷ペースが上がって在庫が追いつかないかも知れないんです。書類に不備もあるし、不良品も増えてきているから心配で」

ちょっと見せて、と遥は後輩のデスク上の書類とエクセルシートに目をやる。考えをさっと巡らせる。

―私がうまくサポートできれば、あとは彼女の力でなんとか出来そう。

そう思った遥は、優しい言葉を選び、後輩に伝える。

「今の段階で気付いてよかった。現地には私から連絡入れておくよ。梢ちゃんは、もう一度倉庫の担当者に協力を仰いで。お客さんへの説明の仕方は、一緒に考えてみよう」

はい、と少し安堵の表情を浮かべた後輩に微笑み返し、ボーナスで買ったカルティエのタンクに目をやる。午後4時半からの打ち合わせまであと5分だった。

遥は予約しておいた会議室の電気をつけ、人数分の資料を並べる。下ろしていた髪を後ろで束ね、プロジェクターに電源を入れる。パワーポイントが写るまでのわずかな時間で、冷たいミネラルウォーターを人数分取って戻り、セットする。

全てを整えたタイミングで、支店長と上司が入室してきた。

「一ノ瀬さん、さすが!資料もよくまとまってるし、この目標が現実になれば全部一ノ瀬さんの手柄だよ」

「とんでもない。皆さんについていくので必死でしたから」

部長の褒め言葉に、遥は口角を上げて答える。頑張った分だけ跳ね返ってくるこの仕事に、遥はやりがいを感じている。

打ち合わせを終えて戻ると、18時半を回っていた。既に定時は1時間ほど過ぎている。あと一息、と遥が座り直したとき、LINEの新着メッセージに気づいた。

―圭介:お疲れ様。今日はこれから会食。終わったら連絡するね!

付き合ってまだ1週間の彼、大石圭介からだ。

―遥:お疲れ様!頑張ってね♡

LINEを見て思わず顔をほころばせていると、目の前に座るベテラン社員・柴田さんが遥をチラと見てきた。

【実家暮らしの恋】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo