結婚に向かない男 Vol.1

結婚に向かない男:東大卒・外銀勤務。36歳エリート男の部屋で見た、ドン引きの光景とは

仕事にも適性があるように、結婚にも向き不向きがある。

どんな爽やかイケメンでも、高学歴・高収入のハイスペ男でも、残念ながら“結婚に向かない男”は存在し、数々の婚活女子を絶望させている。

一時の恋愛を楽しむのなら問題はない。しかし結婚したい女が、結婚に向かない男に割いている時間はないのだ。

この連載では、婚活中のアラサー女子から寄せられた情報を基に、東京に数多生息する “結婚に向かない男”の生態を紹介していく。


【今週の結婚に向かない男】

名前:典明
年齢:36歳 (当時34歳)
職業:外資系投資銀行
住居:青山一丁目

【報告者】

名前:美希
年齢:32歳 (当時30歳)
職業:広告代理店
住居:乃木坂

結婚に向かない男File No.1:隅々まで拘りすぎる男


「2年前の話です。そうですね…振り返ってみれば、最初から嫌な予感はあったかもしれません」

リッツ・カールトン東京の『ザ・ロビーラウンジ』で、今回の報告者・美希はゆっくりと語り出した。

洗練された仕草で前髪をふわりとかきあげる。そして姿勢をピンと美しく保ったまま、ほんの少し眉間にシワを寄せた。

広告代理店の営業として働く美希の横顔には、美しさの隙間に隠しきれぬ聡明さが滲んでいる。よく通るハリのある声も聞き取りやすい。

才色兼備そのものの彼女に心惹かれる男は、さぞ多いことだろう。

しかし今回の報告は、そんな彼女の“パーフェクト感”が招いた悲劇だった。

「初めてデートした夜、彼に言われたんです。君みたいな人をずっと探していたって」

東大卒・外銀勤務という理想的なスペックをもつ彼・典明との出会いは、友人の結婚式だった。新婦側と新郎側でそれぞれ二次会幹事に選出された美希と典明は、打ち合わせで顔を合わせるうち自然と距離を縮め、恋仲に。

だがそれから3ヶ月。熱烈だったはずの典明が突如として音信不通になったというのだ。

【結婚に向かない男】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo