気になる超有名店の逸品を一挙公開!必ず喜ばれるバースデープレート4選

大切な人の誕生日とあらば、東京屈指のレストランを選ぶのが大人の嗜み。

お祝いを演出するバースデープレートもセンス良くいくのは当然。一流の店は、プレートもやはり一流なのだ。

ラズベリームースやストロベリージェリーのフルーティーな味わいと、プラリネの食感が楽しい「マトラッセ オー フリュイ ルージュ」。写真はSサイズ(2~3名用)


女性の永遠の憧れ、マトラッセとキュートなピンクがもたらす高揚感!
『ベージュ アラン・デュカス 東京』

2018年秋にリニューアルした同店のインテリアは、世界のシャネルブティックすべての設計を担当するデザイナーのピーター・マリノ氏がプロデュース。

総料理長を務めるのは、生産者に直接仕入れ交渉をするなど、アラン・デュカス氏のエスプリが受け継がれる小島 景氏。

シェフパティシエのシルヴァン・コンスタン氏によるアニバーサリーケーキは、シャネルの代表作のハンドバッグ「マトラッセ」を表現している。

ベージュを基調とした上品な店内。

【予約】
TELまたはinfo@beige.co.jpに要問合せ。Sサイズは3営業日前までに、M、Lサイズは7営業日前までに連絡。それぞれ¥4,000、¥8,000、¥12,000(税込サ別)。

ケーキは他にカメリア型のチョコレートののった「ガトー オー ショコラドゥ ラ マニファクチュール」(¥6,000~)も選べる。

ほぼ実寸大の飴細工のバラが一輪。熟練の職人でも1個につき15~20分を要する緻密な作品。プティフールで提供しているピスタチオのキャラメルを添えて


幾重もの花びらに感動のため息。繊細に輝く姿は、まさに芸術作品
『レストラン カンテサンス』

「主役はゲスト。ですから、できる限りさりげなく、レストランからの無言のお祝いとして、一輪のバラの花をプレゼントしています」と語るのは、オーナーシェフの岸田周三氏。

『カンテサンス』らしいオリジナリティを追求した結果、一輪の飴細工の花を贈るこのスタイルを創業時より続けている。東京随一の予約困難な席が取れ、運よく誕生日と重なったなら、「バースデーのお花を一輪」と伝えるのをお忘れなく。

華美な装飾を排し、オーセンティックで静謐な空間。

【予約】
電話での予約の際にあわせてバースデープレートの注文を。誕生日の方に限り、1テーブルにつき1つまで。レストランからの贈りものとして代金は無料。直前のオーダーの場合は、応相談。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo