略奪愛 Vol.9

「彼が狂ってくれて、幸せだった」。略奪愛を確信した女が知ってしまった、愛する男の嘘

人のものを奪ってはいけない。誰かを傷つけてはいけない。

そんなことは、もちろんわかっている。

しかし惹かれ合ってしまったら、愛してしまったら、もう後戻りなんてできない−。

渋谷のWEBメディアで働く三好明日香(24歳)は、彼氏がいながらも上司・大谷亮(おおたに・りょう)に次第に心惹かれていく。

出張先のホテルで突然キスされ、止められない思いに気づく明日香。

大谷が結婚していることを知り距離を置こうとするものの、結局一線を超えてしまった二人は、略奪愛を覚悟するのだった。

ストーカー化した元彼・昭人から逃げるように、二人は一緒に暮らし始める。


明日香の同僚・冴木奈々:「1番タチが悪いのは、純情ぶってる女」


三好明日香がどんな女かって?

うーん…100人いれば99人が「いい子だ」って言うんじゃないかしら。

適度に華のある見た目に、程よく流行を取り入れた清楚なファッション。愛嬌もあって、いつも笑顔で。

だけど私は最初に見た時から、どうも気に入らなかった。どこがと言われると難しくって、女の勘としか答えられないけれど。

強いて言えばあの目、かな。彼女の大きな瞳には、女の私でも一瞬どきっとしてしまう妖艶さがある。

だからあの二人…大谷さんと三好明日香が社内で熱っぽい視線を交わしていることに気が付いた時も、「あの女ならありえる」って思った。

…実は私、大谷さんに奥さんがいること随分前から知ってたの。あまり知られたくなさそうだったから黙っていてあげたけど。

彼って社長が大企業から引っ張って来たのよね。根っからベンチャー気質の他の男にはないスマートさやエリート感が新鮮で。でも、他の女に取られる前にと思ってソッコーでアプローチしたら、あっさり断られた。「僕は結婚してる」って。

それなのに、大谷さんも悪趣味だわ。

私が何度誘ってものらりくらりとかわすクセに、三好明日香みたいに見るからに遊んでなさそうな…よく言えば純粋、悪く言えば重い女を不倫の恋の相手に選ぶなんて。

ああいう純情ぶってる女ほどタチが悪いってこと、大谷さんくらい女扱いに慣れていれば気づきそうなものなのに。

それともまさか…本気だなんてバカなこと、言わないわよね?

【略奪愛】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo