仲間とわいわい夜遊びなら中目黒がちょうどいい!人気エリアの隠れ家レストラン6選

最近、中目黒の大人化が進んでいるのをご存じだろうか?

いつもの恵比寿に飽きてきたら、気の置けない仲間とオシャレであがる店で飲みたい気分に合わせて使いたいレストランをご紹介。

何もデートや接待に使うような肩肘の張った店でなくていい。大人だったらそんな店を一つや二つはおさえておきたい。

黒板から好きなものを選んで注文しよう

中目黒の閑静な住宅街に佇む『メグリヴァ』

2018年7月に誕生したばかりにも関わらず、グルメ界から既に熱視線が注がれている。

それもそのはず、実は同店、元は荻窪にあったイタリアンの人気店『アルベロ』の吉田勝明シェフが「もう一度料理を見つめ直し、イタリアでみたワインとともに味わえるスタイルに挑戦したい」と、店名も新たに再スタートした店なのだ。

店内に入り、黒板に書かれたメニューを見ているだけでも、自然と食欲が湧いてくるほど魅力的なメニューが豊富。実際、グループで訪れた人は全メニューの半分ほどを注文するという。

しかし、その気持ちはよくわかる。それほど魅力的なメニューぞろいなのだ。

「和牛ハツオーブン」(1,200円)

まずオーダーしたいのは「和牛ハツオーブン」。新鮮なハツの美味しさを活かすため、あまり余計な味付けはせずオリーブオイルと塩のみで味付けし、タイムの香りを効かせた一皿だ。

絶妙な火入れにより、ハツ特有のプリっとした食感は残しつつも、火入れの技によって柔らかくトロリとした口当たりになるよう焼き上げられている。

一切れ口に運んだら最後、もう手が止まらない。ワインとともにあっという間に完食してしまうはずだ。

「塩モツ煮」(1,400円)

この時期、食べたくなるのが温かい煮込み料理。おすすめは「塩モツ煮」だ。

グツグツと音をたてて、運ばれてくる様子を見ているだけでもカラダが温まってくる。

自家製のフォカッチャも合わせて召し上がれ

モツ煮と聞くと、少しこってりとした味わいを想像するが、スープをひと口飲めば、そのあっさりと透き通った味わいに驚くだろう。

「レモンバターチーズスパゲッティーニ」(1,300円)

とにかく一品一品、料理が登場する度に感動の美味しさが楽しめる『メグリヴァ』。名物ぞろいだが、「レモンバターチーズスパゲッティーニ」も必ずオーダーしたい一品だ。

「香りを楽しむパスタ」とシェフが語るだけあって、完成した瞬間、あたりに食欲そそる柑橘のいい香りが漂ってくる。

この香りの決め手となっているのが、愛媛県岩城島産レモン。このレモンとの出会いなくして、このメニューの誕生はなかったとシェフは語る。

口に運ぶ度に、濃厚なチーズとバターの味わいの後を追いかけるように爽やかなレモンの香りがふわりと鼻を抜けていく。 一度食べたら必ず「またこのメニューを食べにここに来たい」と思わせてくれる一品だ。

店内はカウンターのみ

『リストランテ・ヒロ』など都内のイタリアンの名店や、イタリア本土で修業を積んだ吉田シェフが手がける料理は、とにかく最初から最後まで感動の連続。

塩加減が抜群で、味覚のセンスが研ぎ澄まされており、若きマエストロと呼ぶにふさわしい。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo