女の嘘 Vol.3

女の嘘:“朝ごはん作戦”で、結婚にピッタリの男を射止めた28歳女。彼女が永遠に嘘をつき続ける理由

女は、息を吐くように嘘をつく。

それは何かと敵の多いこの世の中で、力に頼らず生き抜くために備わった、本能ともいうべき術なのだ。

それゆえ女の嘘は自然であり、かつ巧妙。特に男が見破ることなどほぼ不可能である。

これは、日常の彼方此方に転がる“女の嘘”をテーマにした、オムニバス・ストーリー。

前回は女の嘘を見抜けなかった商社マン・翔太をご紹介したが、今回は…?


第3話:嘘をつかざるを得ない女・麻里


私、自分自身のことをすごく客観的に見ていると思うんです。

28歳。外見は…頑張って自分を磨いてやっと”中の上”といったところでしょうか。

現在は一人暮らしで、丸の内にオフィスを構えるコンサルティングファームで秘書を務めています。都心に住むならワンルーム、駅から徒歩15分という立地が精一杯のお給料。出身は、千葉の浦安駅からバスで10分程度の町です。

都内の女子大に通っていた頃は、若いというだけでそれなりに楽しい思いが出来ました。

けれど、最近はお食事会に出かけるたび、毎日鏡を見るたびに思い知らされるのです。

私ってなんて平凡なんだろう、と。

30歳に差し掛かろうという今、一刻も早く結婚して、都心で幸せに暮らしたい。

そんな私が、お食事会で出会った真一に執着してしまうのは、無理もないことだと思いませんか?

なぜって真一は東大出身、外資系コンサルティングファーム勤めのエリートではあるものの、同じ千葉県出身。チャラついたところがなく好感を持てたし、業界が一緒なのも運命的です。

幸い、その食事会の幹事だった私は、”可愛い子ばかり集めた”と言いつつ、自分よりも少し太めだったり、ファッションセンスがどこかしらおかしな子ばかりを呼んでいました。

そのおかげか無事に真一と連絡先を交換しました。さらには、本を読み漁って頭に叩き込んだ駆け引きテクニックを駆使し、初デートに漕ぎ付けたんです。

それなのに。

職場の同僚で一つ年上の珠美が、外資系金融勤めの男の人と付き合いだしたと自慢げに言うのを聞いた時、言い知れぬ感情が全身に駆け巡っていくのを感じました。

私がやっとの思いでデートの約束をしたばかりだというのに、珠美ときたら既にエリート男性と付き合っているというんです。

それで思わず、

「私も外資系コンサルティングファーム勤めの人と付き合い始めたのよ」

と、そんなことを口走ってしまいました。

【女の嘘】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo