恵比寿でおひとり様ウェルカム!今夜は和食な気分ならこの4選!

秋の深まりを感じる季節に、ちょっと一人で飲みたいなと感じた時に立ち寄りたいのはやっぱり心落ち着く和食が味わえる場所。

恵比寿がホームタウンならば、必ずおさえておきたい和食の名店を紹介しよう。

「お刺身盛り合わせ」(1人前1,800円)。つけダレは、土佐醤油と煎り酒が用意され、合わせるお酒によってつけダレを変えるのがおすすめ

割烹料理をハーフポーションで楽しめる一人飲みの聖地『和心庵のら』

恵比寿で13年続く和食関西割烹店『和心庵のら』。店内に入り、客席を見渡すと、カウンターにはぽつり、ぽつりと一人でしっとり飲むお客の姿が目に入る。

気さくな店長・永島さんのとの会話を楽しみながら、好みの酒を選んだら、まずは「お刺身盛り合わせ」を注文。

料理長自ら築地で仕入れる旬の魚を使用した刺身は、生うになど6種を堪能できる一皿。刺身盛り合わせは2人前からのお店が多いが、同店は1人前からオーダーできるのが、一人飲みタイムにはありがたい。

「玉子焼き」(ハーフサイズ300円)

刺身の後は、「玉子焼き」を注文。こちらも一人のみでは頼みにくい料理の定番だか、丁度いいポーションで供してくれるのだから、通いたくさせてくれる。

かつお出汁、みりん、醤油、塩、砂糖で味付けされた玉子焼きは、口に入れるとふんわりと優しい甘みが広がっていく。

「地鶏のポン酢和え」(1人前750円)

関西割烹の名店出身の料理長が手がけるこだわりの和食を気軽に楽しめるのが魅力の同店。

山口県産の黒柏という地鶏を使用した「地鶏のポン酢和え」。自家製ポン酢にかんずりを加えたタレをかけ、さっぱりと仕上げた逸品だ。

噛むほどに旨みを増していく地鶏に、上にかかるふぐネギ「安岡ネギ」の香りと食感がいいアクセントに。

「揚げだし豆腐」(ハーフサイズ450円)。三宿の『相川屋豆腐店』から仕入れる絹ごし豆腐を使用している

最後は人気の「揚げだし豆腐」を注文。

運ばれてきた瞬間に漂うのは、かつおのいい香り。アツアツの出汁の中で踊る鰹節を横目に、美しく揚げられた豆腐をすくい口に運ぶと豆腐の力強い旨みとともに、かつお出汁がじんわり心から温めてくれる。

これからの時期、恋しくなること間違いなしの味わいだ。

カウンター席の他、テーブルや個室も備える

料理すべてにこだわりの仕事を加え、供する『和心庵のら』。

永島さんが作り出す和やかな雰囲気からか、自然とお客同士の繋がりができ、帰る頃にはまるで自宅で飲んでいたかのような気分になってしまうのだから不思議だ。同店を「自分だけの特別食堂」と呼ぶ人も多いという話も頷ける。

秋の夜長、ふらっとこんな場所を訪れて、自分だけの特別な時間を楽しんでみてはいかがだろう。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo