マザー・ウォーズ~妻たちの階級闘争~ Vol.1

マザー・ウォーズ〜妻たちの階級闘争〜:港区名門幼稚園に集う、特権階級の女たちと「鉄の掟」

あなたが港区界隈に住んでいるならば、きっと目にしたことがあるだろう。

透き通るような肌、絶妙にまとめられた巻き髪。エレガントな紺ワンピースに、華奢なハイヒール。

そんな装いの女たちが、まるで聖母のように微笑んで、幼稚園児の手を引く姿を。

これは特権階級が集う秘められた世界、「港区私立名門幼稚園」を舞台にした、女たちの闘いの物語である。


菱木悠理は、呆然と立ちすくんだ。

目の前のメルセデスから、白い手袋をした運転手に促され、親子が降りてくる。

その後ろには、母親が運転するさまざまな高級車が行儀よく並び、順に子どもを降ろしていた。

その光景は、昨日の入園式で嫌というほど目にしていたので、もう驚きはしない。それより悠理に衝撃を与えたのは、入園式でもなんでもない今日の、母親たちの装いだ。

―どこをどう見ても、子どもを幼稚園に送る格好じゃないよね…。

悠理が1枚たりとも持っていない濃紺のコンサバワンピースを、全員が当然のように着用している。

外資系化粧品メーカーで働く悠理のクローゼットに並ぶのは、MAX MARAのスーツやバーニーズ・ニューヨークのアイテムばかり。これらのワードローブは、まったくの戦力外だった。

「理子…今日ってさ、ママ、送り迎え以外に幼稚園にご用事…あったっけ?」

思わず年少になったばかりの娘、理子の手をツンツンと引っ張る。

「わかんない。それよりママ、あのひと、テレビでみたことあるよ」

理子の視線をたどると、美人女優の藍沢美紀が娘の手を引いている。広報を担当する悠理が、自社CMの撮影に立ち会ったとき、起用されていたのが彼女だった。しびれるような美貌は紺ワンピでも健在だ。

そして横を見ると、SPに囲まれて親子が車から降りてくる。思わず、あ、と声がでた。

ゆくゆくは総理と噂される"政界のプリンス"が、娘2人の手を引いて、上品な妻を引き連れながら目の前を横切っていった。

【マザー・ウォーズ~妻たちの階級闘争~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo